スポーツこそやりたいポジションを絶対にやるべき!

スポンサードリンク

いまのポジションで満足していますか?

チーム事情で、やりたくもないポジションをやらされている。

ここを守れる選手がいないから、監督の命令でこのポジションをやっている。

でも、これって全然楽しくないですよね。

なにかと学生スポーツは、勝敗が一番優先される。

スポーツだから仕方ないと言えてしまえばそれまでかもしれない。

やりたくないポジションでは、なにも生まない

やりたくもないポジションをやらされても、能力なんて伸びるはずがない。

だって競技に対して積極的に取り組めないんだもん。

好きってことは、やっぱりもっとうまくなりたいって思うんですよね。

だから、練習にだって集中できるし。個人でも練習したくなる。

もっと好きになって、上手くなる。

実際ぼくは、やりたくないポジションにいかされました。

監督がぼくの能力を最大限に生かすためにって、他のポジションへのコンバートを命じたんですが、やっぱりやりたくなかった。

専門的な話になるけど、タックルすることがぼくの一番の特徴だし。

これができなくなってしまうと楽しくなかった。

とにかくフランカーというポジションをやりたかったんですよね。

このポジションなら、だれにも負けたくないって想いもあった。

スポーツこそ好きなポジションをやるべき

好きではじめたスポーツ。

だったら、なんとしてでも、自分のやりたいポジションをやり通した方が絶対にいい!

チームのためになんかクソくらえ

スポーツなんだから、チームのことを考えろ?

こんなことをいわれるチームは正直、ありえない。

そんな都合の良い言葉を使って、一選手の感情を押し殺す必要があるのかな。

そこまでして、勝つことに意味があるとは思えない。

個人が集まってこそ、成り立つのがスポーツの自己犠牲の精神とは、ちがう話だよね。

これれはただの押しつけ。

本当はどこのポジションがやりたいの?

いま、本当に好きなポジション、やりたいポジションができている選手はどのくらいいるんだろう。

いやいあやっている選手はどのくらいいるんだろう。

ぼくは、大学の3年まではやりたいポジションしかやってこなかった。

でも、上級生になるにつれて、

「さすがに、おれだけ好き勝手なこといっちゃだめだな」

なんておもい違うポジションをやることに。

ハッキリいって後悔しています。

なんで、もっと好きなポジションにこだわりをもてなかったんだろう。

って。

だから、あなたには好きなポジションで思いっきりスポーツを楽しんでほしい。

そうすることで、もっとスポーツが好きになって、上手くなれるから。

スポーツは楽しむことができないとつまらない。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です