元プロラグビー選手・君島氏が運営するJEK(ジャパンエリートキッキング)とは?

「1つのキックが、勝敗を左右してしまう時代です。」

海外では一般的なキックコーチ。

そんなプロのキックコーチが日本にもいるんです。

 

Japan Elite Kicking(ジャパンエリートキッキング)

一度は耳にしたことがある方も多いでしょう。

そう、元ラグビー選手の君島氏が立ち上げたキックを専門に指導するプログラムです。

ただ、

  • いまいちプログラムの内容がわからない
  • どんなことを教えてくれるのかもっと詳しく知りたい
  • 本当に個人でも指導してもらえるの?
  • どんなチームでも指導してもらえるの?

そんなあなたの為に、今回はJapan Elite Kicking(ジャパンエリートキッキング)について詳しく解説していきます。

「キッカーはチームに一人いれば十分」という時代はもう終わったんです。

※近日公開予定!JEKオンラインコーチングサロン

 

Japan Elite Kicking(ジャパンエリートキッキング)とは?

日本で培うことのできる

「世界基準のキックスキル」

それはボールを自在に操り、蹴りたい場所に、蹴りたいスピード・角度で蹴れるようになること。

ラグビー先進国で培った正しい知識とスキルを合わせ持つキックコーチとともに、本物のキックスキルを日本で。

引用:JAPAN ELITE KICKING公式HP

 

元プロラグビー選手・君島良夫氏が立ち上げ

Japan Elite Kickingとは、元プロラグビー選手の君島氏が立ち上げたキック専門のコーチングプログラムです。

 

君島良夫氏の経歴

  • 清真学園高校(全国大会ベスト16)
  • 同志社大学(大学選手権ベスト4)
  • NTTコミュニーションズ シャイニングアークス
  • ランドウィックRUFC(オーストラリア)
  • OMBAC(アメリカ)
  • 日野自動車レッドドルフィンズ

引用:Japan Elite Kicking

 

キックの重要性が高まっている現代ラグビー

海外だけではなく、トップリーグから大学・高校ラグビーにおいても、キックが試合の結果を大きく左右しているのはご存知の通りです。

ディフェンスの向上により、パス・ランだけではもう簡単にトライを奪うことが難しくなってきました。

そんな状況を打開すべく、オールブラックスやイングランドでさえも「キック」からの得点を大きな柱にしています。

 

PG1つで勝敗が変わっていた試合が国内でも多くみられた【2018-19シーズン】

昨シーズン日本国内で、「PG(3点)が1本決まっていれば勝てていたのに…」という試合が19試合もあったんです。(トップリーグ、大学選手権、花園)

試合の結果が変われば、トップリーグの順位・降格チーム、大学選手権の優勝チームが変わっていたかもしれません。

まさにPG1本が運命を握っていたんです。

1つのキックが勝敗を左右するんです。

 

トップリーグの場合

リーグ戦+順位決定トーナメント:48試合+24試合

3点差以内の試合:72試合中16試合

4〜5試合に1試合は、3点差で勝敗が決まっていた事になります。

ちなみに、降格してしまった豊田自動織機は順位決定トーナメント2回戦でサニックスと31-32の1点差。

PG1本決まっていれば、まさに運命が変わっていたかもしれません。

※サニックスも入替戦(13位)にまわりましたが、順位の関係でトップチャレンジ4位の栗田工業と対戦。

75-0と大勝しています。

リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦

  • 2018/12/09(日)11:30in秩父宮
  • 豊田自動織機31-32サニックス◯

参考文献:豊田自動織機 対 宗像サニックス(トップリーグ公式サイト)

 

大学ラグビーの場合

大学選手権

13試合中2試合

準々決勝:東海15-18明治◯、慶応義塾20-21早稲田◯

大学選手権・優勝の明治も準決勝では東海相手に3点差の勝利。

また、ラストワンプレーで逆転された慶応もあと1PG奪えていたら、23-21の勝利を上げていたかもしれません。

そうなると、昨年度の大学選手権のチャンピオンも明治ではなかったかもしれません。

 

高校ラグビー

実力差が出やすい高校ラグビーにおいても、キックの重要性はましています。

花園では3点差の試合は50試合中1試合のみでしたが、いまのラグビー界の傾向をみているとPG1本で試合の流れが変わってしまうことは言うまでもないでしょう。

今後、高校ラグビーでも「PG」の重要性は間違いなく増していきます。

 

第98回花園1回戦

  • 2018年12月28日
  • 八幡工業(滋賀)14-12朝明(三重)◯

参考文献:八幡工 vs 朝明 試合速報(花園LIVE公式サイト)

 

Japan Elite Kickingの4つのプログラム

  1. チームスポットコーチング
  2. パーソナル/少人数コーチング
  3. キックセミナー・クリニック開催
  4. エリアマネジメントアドバイザー
  • ※オンラインコーチングサロン(近日公開)

※問い合わせだけでもOK

 

①チームスポットコーチング

当該チームに担当コーチが訪問し、キックセッションを行います。

プレシーズンでは、基礎スキルの反復で土台作りを行い、シーズン中は、さらに試合に直結したドリルやチーム戦術に沿ったトレーニングを実施します。

シーズンを通してのキック精度向上を目指し、ビルドアップしていきます。

チームスポットコーチングについて問い合わせをする

 

②パーソナル/少人数コーチング

マンツーマンでのパーソナルコーチング、または2名〜8名(※要相談)の少人数グループへのコーチング。

個々人のフォームや悩みに合わせたきめ細かいコーチングが可能です。

動画を用いた遠隔コーチングも実施可能。

チームスポットコーチングについて問い合わせをする

 

③キックセミナー・クリニック開催

国内外問わず、トップで活躍するコーチや選手を招致し、トップレベルの指導やプレーを肌で体感できる他、本場で活躍する現役選手の本物のキックを実際に目にすることができるチャンスです。

また、ユース世代の選手たちへの基礎セミナー・クリニックも開催可能です。

キックセミナー・クリニック開催について問い合わせをする

 

④エリアマネジメントアドバイザー

キックを主体としたエリアマネジメントを提案し、それに合わせたスキルをコーチングします。

エリアマネジメントアドバイザーについて問い合わせをする

 

※近日公開※オンラインコーチングサロン

4つのプラグラムに加え、「オンラインコーチングサロン」も開始する予定。

詳細については発表を待ちましょう。

JapanEliteKickingの公式サイトはこちら

 

Japan Elite Kickingこれまでの実績(プログラム別)

①チームスポットコーチング実績

  • 日野レッドドルフィンズ(トップリーグ)
  • ヒュンダイグロービス(韓国・海外) 
  • 早稲田大学(大学)
  • 日体大女子(女子)
  • 流通経済大学付属柏高校(高校)
  • 慶應義塾中等部(中学生)
  • 八尾ラグビースクール(小学生)

 

実際の指導内容としては、

  • ジェネラルキックドリル
  • ゴールキック
  • キックオフ
  • ボックスキック
  • エリアマネジメント

など

 

②パーソナル/少人数コーチング

実際の指導内容としては、

  • ゴールキック
  • キックオフ

など。

パーソナルは中学生や高校生からも多く依頼があり、1対1で指導を行っています。

トップリーグで活躍する選手もコーチングを依頼するほどです。

  • 立川理道(クボタスピアーズ)
  • 合谷和弘(クボタスピアーズ)
  • 川向瑛(クボタスピアーズ)

 

③キックセミナー・クリニック開催

  • 茨城県鹿嶋市ラグビーフェスティバル
  • 栗田工業グラウンドオープニングイベント
  • 愛知県中学生キッククリニック
  • オール青山ラグビー祭

 

 

④エリアマネジメントアドバイザー

  • 青山学院大学
  • 報徳学園高校
  • 京都成章高校
  • 尾道高校

 

Japan Elite KickingのHPを覗いてみる

 

「キック」は1プレイヤーとして大きな武器になることは間違いない

エリートキッキングはトップリーグ・トップチャレンジ、社会人から大学・高校・中学・小学生までだれでも利用することができます。

キックの重要性が高まっている今。

「キック」は1選手として大きな武器になることは間違いありません。

おそらく、1.2年後にはもっとキックコーチの需要が高まるでしょう。

そうすると君島さんのようなプロキックコーチの第一人者から、指導を受けることは難しくなることが予想されます。

  • うちの息子にもキックの指導をしてほしい
  • キックをチーム全体に指導してほしい
  • 個人セッションはどのくらいお金がかかるの?

など、気軽に連絡をしてみてください。

質問をしたからといって、あなたが損をすることは一切ありません。

ぜひ、このチャンスにトライしてみることをおすすめします!

さっそくJapan Elite Kickingに問合せをしてみる

 

※近日公開予定!JEKオンラインコーチングサロン

 

もっと分かりやすいラグビーサイト

スポンサードリンク

【最安値】選手たちと同じジャージを着て、日本代表を応援しよう!

開幕が近づくにつれて、在庫がなくなる可能性があります。

そのため、いまのうちに日本代表のジャージを確保しておきましょう。

※ラグビー好きの方へのプレゼントにもおすすめです。

(ラグビーW杯開幕は2019年9月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です