ラグビー界も注目??【早稲田ラグビー戦術研究会】が4/2発足

新年度そうそう、ラグビー界におもしろいことが起きているのをご存知だろうか?

それはラグビー戦術研究会なるものが誕生したのだ。

 

写真引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/mukaifumiya/20180215-00081630/

早稲田ラグビー戦術研究会

公式HPはこちら

公式Facebookページはこちら


早稲田ラグビー戦術研究会(WRSS)が発足!

2018年4月2日にラグビー界も注目?のサークルが立ち上がった。

それは、早稲田ラグビー戦術研究会(WRSS)だ。

 

早稲田ラグビー戦術研究会とは?

早稲田ラグビー戦術研究会とは、ラグビーのゲームを見て各チームのとっている戦術を分析するサークル。

その他にも、新サインプレー・新戦術の考案や、既存の戦術の改善すべき点の提示なども予定。

 

  • 各チームの戦術分析
  • 新サインプレー
  • 新戦術の考案
  • 既存の戦術の改善すべき点の提示

 

早稲田ラグビー戦術研究会(Waseda Rugby Strategy Study)

オール早稲田のサークル。

 

研究会立ち上げの経緯

ラグビーはスポーツの中でも特に激しく、ハードワークが必要なスポーツ。

ラグビーという競技のゲーム性が好きでも体力的、身体的原因で、プレーを諦めてしまう人は意外と多いのではないだろうか。

部長がまさにそんなことをおもっていたのだ。

 

そんな中、部長自身がサークル探しをしていた時に「ラグビーサークルは多数あるのに、プレーするのではなく戦術を分析するサークルがない」こと気づき、早稲田ラグビー戦術研究会の立ち上げを決意。

 

また、「ラグビーのゲーム性の面白さ」も伝えていきたいという熱い想いも研究会の立ち上げに深く関係している。

 

本当の理由はエイプリルフール!?

実は研究会の立ち上げをエイプリルフールのネタとしてツイート。

もちろんエイプリルフールなので立ち上げる予定もなかった。

 

しかし・・・

研究会への反響が思ったよりも多く、部長が勇気づけられたその勢いで立ち上げてしまった!

 

現在部員は5名(4月4時点)

立ち上げから3日。

部員は5名!

立ち上げたばっかりのマイナースポーツの戦術研究会にしてはすごいことじゃないですか?

 

興味のあるかたは、[早稲田ラグビー戦術研究会]の公式HPをチェックしましょう。

⇒[早稲田ラグビー戦術研究会]公式HPはこちらから

 

選手名わからなくても[ラグビー戦術]に興味があるひと集まれ!

 

ラグビー界に新たな風を吹かせてくれるかも

各チームの戦術を分析し、新サインプレー・新戦術の考案などいままでにないサークルの立ち上げ。

そのうち、早稲田大学ラグビー蹴球部やトップリーグのチームと連携することも考えられるのか…と個人的には非常に注目している!

 

こういったサークル・研究会の動きはぜひ応援したいですよね。

ぜひ、早稲田ラグビー戦術研究会のフォロー&リツートをお願いします!

 

早稲田ラグビー戦術研究会 連絡先

HP:https://wsdrugbystrategyst.wixsite.com/mysite

Twitte ID:@waserugStrategy

Facebook:https://www.facebook.com/waserugStrategy/

メールアドレス:wsdrugbystrategystudy@gmail.com

 

 

スポンサードリンク


ラグビーみるなら、Jsports(スカパー)!


ラグビー日本代表から、スーパーラグビー・トップリーグ・大学、高校ラグビーなど全てのカテゴリーが視聴可能!

自宅のテレビでラグビー観戦したい方には非常におすすめ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です