2017春の選抜高校ラグビー大会の決勝トーナメント進出・優勝校予想

スポンサードリンク

*1

3月31日に開催される、第18回全国高校ラグビー大会。

今回大会の、トーナメント進出高校優勝校の予想を一足先に予想してみました!

しかし、新事実が発覚。

ぼくの調査不足でした。

U18日本代表が4月7日からフランスで開催される、ラグビーU18欧州チャンピオンシップという国際大会に出場するため、東福岡(8人)、東海大仰星(3人)、京都成章(2人)といった強豪校の一部の選手は予選リーグの最終日(4月4日)からチームを離れる。

*2

こうなると、優勝校の予想も大きく変わってくるかと。

詳しくは優勝校予想で書くことにします。

決勝トーナメント組み合わせが決定!!

Aグループ

  • 東福岡(九州・福岡)
  • 深谷(関東・埼玉)
  • 尾道(中国・広島)
  • 天理(近畿・奈良)

みどころ

やはり東福岡が、1つ頭を抜けている存在。

ほかの3チームも強豪ではあるので、どこかが東福岡を接戦で勝利してしまうかも。

とくに東福vs天理が一番のおもしろいゲームになるはず。

東福岡のダイナミックなアタックにどれだけ、天理が防げるかがポイント。

Bグループ

みどころ

このグループは無難に、大阪桐蔭が決勝トーナメントに進出かと。

東海大相模がどれだけ通用するかもみどころです。

大阪桐蔭もなかなか花園で優勝できない現状を打破したいはず。

選抜でいい流れを作ってほしい。

Cグループ

みどころ

Cグループも石見智翠館が、危なげなく決勝トーナメントに進出すると予想。

西陵か札幌山の手がどこまでやれるかで、1位の行方も変わってくる可能性あり。

石見智翠館も年々、地力をつけている。

県内にライバルがいないのに、さすがだとおもう。

Dグループ

  • 京都成章(近畿・京都)
  • 黒沢尻工業(東北・岩手)
  • 名護(九州・沖縄)
  • 川越東(開催県・埼玉)

みどころ

近畿大会を制した、京都成章は選抜大会の優勝候補と言っていいかもしれません。

昨年度の花園から調子がよさそうなイメージ。

花園を経験した2年生が、チームを引っ張っているんだろう。

もともとディフェンスがいいチームなので、大崩れしないのが良い。

Eグループ

みどころ

國學院久我山と長崎南山のどちらかが決勝トーナメントに進めと予想。

日本航空石川も花園のような試合ができれば、このグループだと決勝トーナメントに進めるかもしれませんね。

波に乗れれば強い日本航空石川もあなどれません。

Fグループ

  • 桐蔭学園(関東・神奈川)
  • 神戸市立科学技術(実行委員会推薦枠・兵庫)
  • 高鍋(九州・宮崎)
  • 旭野(実行委員会推薦枠・愛知)

みどころ

圧倒的に桐蔭学園がリード。

うーん、他のチームでは桐蔭学園にかなわない…

3試合で、失トライ0ってのもありえそう。

Gグループ

  • 大阪朝鮮(近畿・大阪)
  • 春日丘(東海・愛知)
  • 崇徳(実行委員会推薦枠・広島)
  • 流経大柏(関東・千葉)

みどころ

大坂朝鮮と流経大柏の一戦に注目。

花園でも対戦がある2チームは、勝手に因縁の相手同士のようなイメージがある。

どちらもFWが強みのチームなので、厳しい試合になるでしょう。

もしかしたら、春日丘がいつも通りに春だけ覚醒する可能性も。

Hグループ

みどころ

どのチームとも、ラグビー名門校。

東海大仰星が一歩リードしているとはいえ、どの試合も気を抜けない試合になりそう。

パッとみ、このグループが死のグループかな。

選抜出場校U18該当選手一覧

選抜の行方を大きく左右するのが「2017ラグビーヨーロッパ男子U18ヨーロピアンチャンピオンシップ」です。

選抜出場校の選手たちも多く選ばれており、予選リーグの最終日(4月4日)からチームを離れるよう。

東福岡から最多の8人も選ばれており、戦力ダウンは間違いなし。

ですが、その他の選手でさえ、全国トップレベルの能力を持った選手ばかり、この機会が余計に今年の東福岡を強くしてしうと僕は予想します。

また、もっとも意外だったのが、桐蔭学園から一人の選手も選ばれていないこと。

遠征によって、強豪校からのきなみ選手を遠征にいくことになり、桐蔭学園としては優勝するチャンスがひろがりました。

また、「遠征に選ばれてない」ということをモチベーションにかえ、チーム一丸となりうっぷんを晴らすようなことになりそう。

東福岡 8人

  • PR 小林 賢太
  • LO 木下 龍
  • LO 清原 裕輝
  • LO/FL 木原 音弥
  • FL/NO.8 福井 翔大
  • SH 隠塚 翔太朗
  • SO 丸山 凛太朗
  • CTB/ WTB 稲吉 渓太

京都成章 3人

  • PR/HO 藤田 康助
  • FL 中谷 玲於
  • FB 西川 虎哲

東海大仰星 3人

  • LO 河野 晶大
    CTB 長田 智希
    FB 河瀬 諒介

東海大相模 1人

  • PR/HO 土一 海人

長崎南山 1人

  • FL/NO.8 深山 竣介

秋田工業 1人

  • SO/CTB 児玉 樹

決勝トーナメント進出予想

一番悩んだのは、Eグループの長崎南山と國學院久我山

関東大会の結果からみても、関東勢は桐蔭学園以外パッとしない。

激戦の九州地区を勝ち上がった、長崎南山の1位を予想しました。

ベスト4予想

優勝校予想

3月24日

やはり東福岡が優勝と予想。

決勝トーナメント進出チームは、抽選で対戦相手が決まるので正直勝ち進めるかは”運”もあります。

ラグビーって強豪校が基本的に、一緒なのでかわりばえしないかもしれませんが。
ご理解ください。

東海大仰星近畿大会後に、もっと伸びてくる可能性。
石見智翠館も完成度の高いチームを持ってくるだろうから、正直この2チームにも注目。

3月30日

U18日本代表が4月7日からフランスで開催される、ラグビーU18欧州チャンピオンシップという国際大会に出場するため、東福岡(8人)、東海大仰星(3人)、京都成章(2人)といった強豪校の一部の選手は予選リーグの最終日(4月4日)からチームを離れる。

こんな事態に・・・

そうなると、ここに桐蔭学園が絡んでくると予想。

選抜優勝校の予想は、桐蔭学園と東福岡。

その次に京都成章と予想します!

冬に開催される花園を占う大会。

2017年春の選抜高校ラグビ大会はやはりラグビーファンにとっては、目が離せません!

*3

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です