【試合結果】トップチャレンジ2017-18第3週|ジャパンラグビー

スポンサードリンク

引用:http://www.kyudenvoltex.com/game/result/2017/09161600/index.html

ップチャレンジ3週目が、9月24日に開催。

3週目の試合結果をみていきましょう。

※試合終了後、随時更新していきます。

「トップチャレンジ第3週」試合結果一覧

  • 釜石 20-22 九州電力
  • マツダ 19-68 日野自動車
  • 中部電力 24-68 三菱重工相模原
  • 中国電力 0-103 Honda

関連記事:トップリーグへの昇格条件は?|【大会方式】トップチャレンジリーグ2017-18 – ラグビー.com

トップチャレンジ「釜石-九州電力」結果

日時:9月24日 15:00〜

会場:秩父宮

試合結果

釜石 20-22 九州電力

前半 20-10

後半 0-12

半3.13分と立て続けに釜石がトライを決める(ゴールキックは2本とも不成功)。

九州電力が優位に試合を進めると予想していたので、驚いた。

しかし、前半18分に九州電力もトライをかえす。

九州電力5-10釜石

立て続けに2本のトライを許すも、動じずトライを返すところが今年の九州電力の強さがみえているといってもいい。

半は、九州電力がうまくペースをにぎる。

釜石を0得点におさえ、確実に得点をとる。

試合運びがうますぎる・・・15人で意思疎通ができており、取りきるところ。守るべきところが統一できているんだろうな。

これが日本人選手のみで構成されたチームの強みでもある。

釜石はもっと前半に点を奪っておきたかった。

また、後半PGでもいいで、早い段階で得点をあげていたら流れが変わったかもしれない。

釜石は、ゲームコントロールがうまくできていなかったのかな。

トップチャレンジ「マツダvs日野自動車」結果

日時:9月24日 13:00〜

会場:山口・きらら博記念公園

試合結果

マツダ 19-68 日野自動車

前半 5-33

後半 12-35

やはり日野自動車が圧勝。

あえていうなら、3トライ奪われているのが目につく。

トップリーグで戦うことを想定し、もう少し失点を減らしてほしい。

トップチャレンジ「中部電力-三菱重工相模原」結果

日時:9月24日 14:30〜

会場:万博

試合結果

中部電力 24-68 三菱重工相模原

前半 10-28

後半 14-40

うーん、三菱重工相模原はトライを取られすぎですね。

先週までは、トライがとれずに接戦が続いていたが、今節はトライはとれるものの失点も増えた。

まだまだ本調にはほど遠い印象。トップリーグ昇格は大丈夫か!?

>>>試合結果】トップチャレンジ2017-18第2週|ジャパンラグビー – ラグビー.com

トップチャレンジ「中国電力vsHonda」結果

日時:9月24日 15:00〜

会場:中国電力坂G

試合結果

中国電力 – Honda

前半 0-40

後半 0-63

中国電力が・・・大敗。

近年、帝京大学出身の若手があつまってきて、もしかしたらトップリーグに昇格してしまうかも?とおもっていたけどそこまで甘くはないか…

思った以上に、染山選手の抜けた穴が大きかった。

あと、スクラム。

映像は見ていませんが、おそらくかなりプレッシャー受けてそう。

Hondaにはサンウルブズや日本代表の具選手がいるし、スクラムの強化も中国電力の課題。

トップチャレンジ順位表

 

順位 チーム名 勝点
Honda 15
日野自動車 15
九州電力 14
三菱重工相模原 13
釜石 1
中部電力 0
マツダ 0
中国電力 0

 

※3試合終了時点

www.rugby-jpn.com

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です