トップリーグへの自動昇格枠がなくなる?【2018トップチャレンジ】TLへの昇格条件を解説

スポンサーリンク

2018年度トップチャレンジの試合日程が発表!

今年のトップチャレンジはNTTドコモや近鉄、栗田工業などが加わり昨年以上に混戦が予想されます。

 

しかし、そんななか1つとても気になることが…

それは昨年度トップチャレンジ1位チームに与えられていた、 トップリーグへの自動昇格枠がなくなっていた んです。

 

2018トップチャレンジの日程が発表

画像引用元:関東ラグビーフットボール協会

2018年度トップチャレンジの試合日程が発表されました。

開幕戦は9月8日(土)近鉄vsマツダの一戦。

最終戦は2nd第3戦ステージ12月9日(日)。

 

昨年度同様、1stステージと2ndステージを戦い最終的な順位を決定する。

2018年トップチャレンジに試合日程はこちらから>>ジャパンラグビートップチャレンジリーグ スケジュールについてご確認ください。

 

2018トップチャレンジ【昇格&降格】条件

・1位~4位:トップリーグ16~13位との入替戦に勝利すると昇格

・5位、6位:残留

・7位、8位:3地域チャレンジ2位・1位との入替戦で負けると降格

やはり一番気になるのがトップリーグへの昇格をかけた争いでしょう。

昨シーズンはHondaが圧倒的な強さをみせトップリーグへの自動昇格を勝ち取った。

2位〜4位チームはトップリーグとの入替戦に周り、日野レッドドルフィンズが初のトップリーグ昇格を果たした。

 

2017シーズン入替戦(2017/1/20)結果

・NTTドコモ(TL15位)17-20日野自動車(TC2位)◯

・△コカ・コーラ(TL14位)27-27三菱重工相模原(TC3位)△

・◯サニックス(TL13位)40-21九州電力(TC4位)

  • TL…トップリーグ、TC…トップチャレンジ
  • 引き分けの場合はトップリーグチームが残留
  • 日野のチーム名は現在、日野レッドドルフィンズ

 

2018年度は自動昇格枠が撤廃

もうお気づきかもしれませんが、今シーズンはトップチャレンジからトップリーグへの 自動昇格枠が撤廃 されたんです

これはトップチャレンジチームには厳しい条件となるでしょう。

トップチャレンジで1位となっても昨年みたいに、自動的にトップリーグに昇格ができるわけではない。

トップリーグ16位チームとの対戦に勝たなければ昇格ができないのだ。

 

2018年度入替戦の対戦カード

・トップチャレンジ1位vsトップリーグ16位

・トップチャレンジ2位vsトップリーグ15位

・トップチャレンジ3位vsトップリーグ14位

・トップチャレンジ4位vsトップリーグ13位

 

トップチャレンジ1位チームはトップリーグ16位と対戦でるため、トップチャレンジ4チームの中では一番優遇さえているのは確かだが…

入替戦がなかったトップチャレンジ1位チームと昨年と比べるとやはりかわいそうだなと感じてしまう。

 

自動昇格枠がなくなった理由は?

昨年はあったトップリーグへの自動昇格枠が、2018年度は撤廃。

「果たしてなにがあったのだろうか?」

ここからは完全に個人的な憶測です。予めご理解ください。

 

 トップリーグの日程短縮が大きく影響していると考えている。 

2019年に控えたワールドカップ日本大会に向け、トップリーグの日程を短くし代表強化の時間にあてるというのだ。

トップリーグの試合数が短くなるなか、上位リーグであるトップリーグのチームに少しでも優位な条件を考えてのことなんではないだろうか。

 

トップリーグの試合数を比較

・2017年度:15試合(リーグ戦13試合+順位決定トーナメント2試合)

・2018年度:10試合(リーグ戦7試合+順位決定トーナメント3試合)

※2018年度はリーグ戦とは別にトーナメント戦が実際(詳しくは>>ジャパンラグビー トップリーグ2018-2019「大会概要」をご覧下さい)

 

昨年以上に混戦模様のトップチャレンジ

トップリーグへの自動昇格が廃止されたのは残念ですが、参加チームをみると昨年以上に混戦模様の気配が!

トップリーグから降格してきたNTTドコモ、近鉄。

不運な形での降格をしてしまったが、昨シーズントップリーグで獲得した勝点はコカ・コーラやサニックスよりも上。実力はある。

「不運な形での降格」が気になる方はこちら>>「あぁ残酷」勝点26でも降格の可能性が…NTTドコモが入れ替え戦に回ることにをご覧ください。

 

また入替戦でコカ・コーラに引き分けた三菱重工相模原、サニックスに好ゲームを演じた九州電力。

中国電力・マツダの広島勢も侮れない。

3地域リーグから昇格してきた栗田工業も決して簡単に勝てる相手ではない。

 

今年のトップチャレンジも非常に楽しみですね!

参考:関東ラグビーフットボール協会

 

追伸

トップチャレンジに昇格した栗田工業はもしかしたら、一気にトップリーグとの入替戦に進んでしまう可能性も十分ありますよ。

近年積極的に選手補強もしている栗田工業。

公式サイトの所属選手をみてみると、有名な選手ばかり。

主将・中島拓也(元ヤマハ)をはじめ、元豊田自動織機・PR出渕選手、元九州電力・PR今村選手、関東学院出身LO中尾選手、東海卒LO川瀬選手、明治出身・FL平井選手、No8ワイクリフ・パールーなどFWの選手をみているだけでも相当期待できますよね。

栗田工業のメンバーは>>公式サイトでみてみてください。

 

スポンサードリンク


ラグビーみるなら、Jsports(スカパー)!


ラグビー日本代表から、スーパーラグビー・トップリーグ・大学、高校ラグビーなど全てのカテゴリーが視聴可能!

自宅のテレビでラグビー観戦したい方には非常におすすめ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です