「トップチャレンジリーグ2017-18」所属チーム一覧まとめ|ラグビー・トップリーグ

スポンサードリンク

引用:ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 2017-2018シーズン、参加8チーム決定|ジャパンラグビートップリーグ公式サイト

9月9日(土)から開幕するトップチャレンジリーグ。トップリーグ昇格をかけた戦いから一試合も目が離せない。

開幕にそなえ、トップチャレンジに所属している全8チームをみていきましょう。

トップチャレンジリーグ所属チーム

Honda HEAT
三菱重工相模原ダイナボアーズ
日野自動車レッドドルフィンズ
釜石シーウェイブスRFC
中部電力
九州電力キューデンヴォルテクス
中国電力
マツダブルーズーマーズ

Honda HEAT

2016-2017シーズン成績

・トップリーグ16位(自動降格) →トップチャレンジ参入

シーズントップリーグに所属したHonda。

1勝しかできず最下位。そのため今シーズンは、トップチャレンジリーズへの参入が決まった。

多くの選手がトップリーグを経験しており、他チームよりはやはり有利か。

PR具選手や、WTBロマノ・レメキ選手なども在籍しており、トップリーグ昇格への最有力候補。

懸念点としては、昨シーズン14敗し、負けクセがついていないかだけ。

初戦は、マツダブルーズーマーズ。格下相手にまずは、力の差を見せつけてほしい。

2016-17トップリーグ成績

16位 1勝14敗 勝ち点7

三菱重工相模原ダイナボアーズ

2016-2017シーズン成績

・トップイーストリーグDiv・1優勝

・トップチャレンジ1・2位

・トップリーグ入替戦…敗退

三菱重工相模原 21−33 豊田自動織機

→トップチャレンジ参入

シーズン開幕前の8月31日、強力な補強ができた三菱重工相模原。前NECのNo8土佐選手&LO小野寺選手の獲得だ。

2012-13シーズンから、5期連続でトップリーグ入替戦に進出するも、敗退。なかなかトップリーグ昇格を果たせていない。

ふたりの加入は、トップリーグ昇格への起爆剤になれるだろうか。

関連記事:2人に期待することは!?|三菱重工相模原が【No8土佐&LO小野寺】の加入を発表|ラグビートップチャレンジ2017 – ラグビー.com

日野自動車レッドドルフィンズ

2016-2017シーズン成績

・トップイーストリーグ Div.1・2位

・トップチャレンジ2・1位

・トップチャレンジ1・3位

・トップリーグ入替戦…敗退

日野自動車 22−32 コカ・コーラ

→トップチャレンジ参入

年、急速に力をつけている日野自動車。その要因はなんといっても、的確な補強だろう。昨年はサントリーから佐々木選手。今年は、より豪華なメンバーが加入した。

移籍組みがチームに、良い影響をあたえチームに活気があふれている印象を受ける。

いまの戦力でも十分にトップリーグで通用するじゃないかなと思ってしまうほど。あとはスクラムがどれだけ、互角に組めるかが課題になってくる。

日野自動車新加入選手(移籍組み)

  • PR久富(NTTドコモ)
  • LO/FL村田選手(NEC)
  • SO染山選手(中国電力)
  • SOヘイデン・クリップス(東京ガス)
  • CTB林選手(パナソニック)
  • FB田辺選手(神戸製鋼)

関連記事:【2017新加入】日野自動車レッドドルフィンズが大補強 – ラグビー.com

釜石シーウェイブスRFC

2016-2017シーズン成績

2016-2017シーズン成績

・トップイーストリーグ Div.1 3位

・ジャパンラグビートップチャレンジリーグ参入マッチ1位→トップチャレンジリーグ参入

釜石がトップリーグに昇格したら、間違いなくラグビー界が盛り上がる!クラブチームのため、大卒の新人選手獲得には苦労しているようだが、その分他のチームで活躍した選手が多くあつまりチームを支えている。

まずは、1stステージで4位までにはいり、トップリーグとの入替戦を目指してほしい。

中部電力

2016-2017シーズン成績

・トップウェストA ・2位

・トップチャレンジ2・2位→トップチャレンジリーグ参入

着実にチーム力があがってきている中部電力。しかし、まだトップチャレンジリーグ1シーズン戦える力はないだろう。

まずは、トップチャレンジリーグの力に慣れることが必要になってくるのか?

九州電力キューデンヴォルテクス

2016-2017シーズン成績

・トップキュウシュウA・1位

・トップチャレンジ1・4位

・トップリーグ入替戦…敗退

九州電力 0−47 近鉄

→トップチャレンジ参入

外国人選手が1人も所属していない九州電力。 これを逆手にとり、組織立ったラグビーを極めてほしい。トップリーグ含め下部組織でも、日本人選手のみのチームはあまり存在しない。九州電力がどこまでやれるか、気になります!

中国電力

2016-2017シーズン成績

・トップキュウシュウA・2位

・トップチャレンジ2・3位→トップチャレンジリーグ参入

チームの主力だった、SO染山選手が日野自動車に移籍。くしくも今シーズン、中国電力と日野自動車は同じリーグに所属することに…

染山選手が抜けた穴を感じさせないゲームができれば中国電力も、チャレンジリーグで良い順位を目指せるはず。

マツダブルーズーマーズ

2016-2017シーズン成績

・トップキュウシュウA・3位

・ジャパンラグビートップチャレンジリーグ参入マッチ2位→トップチャレンジリーグ参入

昨シーズン、トップチャレンジリーグ参入マッチで2位となりぎりぎりトップチャレンジに参入するマツダ。厳しい試合がつづくことが考えられるが、チームの目標を明確にし、1シーズン戦いきってほしい。

トップチャレンジリーグ展望

トップチャレンジリーグ1位は自動的に、トップリーグへの昇格がきまる。

また、4位までは入替戦に進出できるので、どちらにせよまず1stステージで4位以内にはいる必要がある。

昨年トップリーグに所属したいたHonda HEAT、三菱重工相模原、日野自動車の3チームが1位を争い。残りの人枠を釜石、九州電力で争う展開になりそうだ。

関連記事:全試合会場一覧|ラグビー・トップチャレンジ2017-18 – ラグビー.com

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です