【観戦記】2017大学選手権3回戦 in秩父宮ラグビー場


\【無料】30日間タダでトップリーグが視聴可能[LIVE]/

※無料期間での退会も可能

ラグビー大学選手権3回戦を、秩父宮ラグビー場にみにいってきました!

この記事で、試合の雰囲気をすこしでも感じていただけたらうれしいです。

 

では、1試合目 流通経済大学vs朝日大学からみてみましょう。

 

1試合目 流経vs朝日

関東リーグ戦3位の流通経済大学と2回戦の勝者・朝日大学の一戦。

順当にいって、流通経済大学の勝利を多くの方が予想していたでしょう。

 

試合結果

◯流通経済大学 54-34 朝日大学

 

結果からいうと、流通経済大学が20点差をつけての勝利となりました。

ですが、この一戦「朝日大学が勝っていてもおかしくない試合」でした。

冗談抜きで・・・

 

朝日大学は、選手一人ひとりがきちんと役割をこなし、フィジカル(体の強さ)の部分でも十分に戦えていた。

FWでくずし、最後はBKでトライをとる。良い流れで何本もトライをうばっていました。

 

たいする、流通経済大学は今日の試合にどのような準備をしてきたのか?疑問だったんですよね。

 

キックオフはまったくとれず、デフェンスではハイタックル・オフサイド・ノットローラーウェイなど反則の繰り返し。

 

アタックもおなじ。

「どうアタックし、点をとるのか?」がまったく見えてこなかった。

 

  • 攻撃の起点としたい、スクラムはおせず
  • ラインアウトもミスばかり
  • ライン攻撃でも、全選手の動きがバラバラ

 

まさに個の力のみで勝利した試合。

 

今日の試合をみるだけだと、よく関東リーグで戦3位になれたなと…

 

まあ、しかし後半途中・SH中嶋選手を投入したあたりから、やっと流経のペースに。

またPR平良選手を投入し、スクラムが押せたシーンもあった。これは好材料と考えたい。

(今日のメンバーは、1.5軍の選手だったのか?とおもいたいくらい。流経にそんな余裕はないはずなのに…)

 

次戦は関東対抗戦王者・帝京大学

チームをどれだけ立て直せるか。チームとして、リーグ戦3位としての責任をもち試合に挑んでほしい。

その準備をしてきてほしいな。

 

朝日大学は十分に関東の大学に通用していた!

来年も期待できるチームだったことは間違いない。

 

朝日大学の皆様、お疲れ様でした!

 

3回戦のメンバー表をもう一度たい方はこちらから>>>【メンバー表】2017ラグビー大学選手権3回戦(全4試合)|早稲田・東海・慶応が登場!

 

2試合目 東海vs早稲田

2試合目は、1試合目とはガラッと変わった雰囲気の試合でした。

 

どちらも実力を兼ねそえたチーム。

3回戦での対戦がもったいない一戦ですよね。

 

この一戦、試合開始早々にゲームが動きました。

早稲田のキックオフから、東海がボールをまわしアタック。No.8モエラキオラ選手15野口選手とつなぎ、ノーホイッスルトライ!

会場は東海のトライラッシュか?という雰囲気に。

 

しかし、さすが早稲田。そうはならなかった。

自陣からボールをまわし前進。相手時陣で、反則をもらえばPGと戦い方を徹底。

 

東海もディフェンスで魅せる。

ラックには一切選手をかけず、ディフェンスラインを形成、つぎのアタックに備えていた。

そして隙があれば、カウンターラック・ノットリリースを狙いにいく。

 

今シーズンのリーグ戦では、みたことのないような集中力を発揮していた。

 

前半終了

東海 21-11 早稲田

 

後半最初に得点を奪ったのは、早稲田。

東海自陣22m付近、SH斎藤からちょくでボールをうけたCTB中野選手がきれい抜けトライ!

中野選手は80分通じて、他の選手が東海のディフェンスに苦しめられている中、ひとりつねにゲインをするランをみせていた。

 

しかし、ここから得点をかさねたのは東海だった。

No8.モエアキオラ選手、23タタフ選手がたてつづけにトライをうばう。

 

こうなってしまうとおむ東海大学を止めることはできなかった。

 

試合結果

◯東海 47-18 早稲田

 

この試合、東海のディフェンスと一瞬の攻撃力が際立っていた。

おしくもリーグ戦2位となったが、リーグ戦とはまったくちがった東海でしたね。

さすが東海。大学選手権には修正してくるところがここ数年、選手権決勝にすすんだチームの実力か。

 

早稲田は、対抗戦でみせていたFWを大外に置くアタックは陰をひそめていた。東海にうまく封じられていた。

生命線である大外でのアタックが機能しないことで、他のプレーにも影響していたのかな。

 

他会場の試合結果

秩父宮での2試合のほか、大阪キンチョウスタジアムでも2試合おこなわれていまいた。

 

他会場の試合結果

◯慶応義塾大学 101-12 立命館

◯京都産業大学 55-31 法政大学

 

慶応は爆勝。立命館がここまでやられるとは…

京産-法政の一戦は、前半22分までに法政が24得点のリードを奪うも、逆転負け。もったいなさすぎる…

 

準々決勝対戦カード

来週12月23日は、大学選手権準々決勝。

 

対戦カードはこちら

  • 明治大学vs京都産業大学(キンチョウスタジアム)
  • 慶応義塾大学vs大東文化大学(秩父宮)
  • 東海大学vs天理大学(キンチョウスタジアム)
  • 帝京大学vs流通経済大学(秩父宮)

 

慶応-大東、東海-天理はシード功にとっては、厳しい試合になりそう〜。

 

 

あとがき

こういうラグビーファンは、会場にきてほしくないな。

 

 

おすすめ記事:無料!|2017高校ラグビー「予選決勝」の試合動画(フル)が視聴可能に【第97回花園】

写真引用:https://twitter.com/Asahi_rugby

スポンサードリンク


ラグビーみるなら、Jsports(スカパー)!


ラグビー日本代表から、スーパーラグビー・トップリーグ・大学、高校ラグビーなど全てのカテゴリーが視聴可能!

自宅のテレビでラグビー観戦したい方には非常におすすめ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です