『ラグビーで一番強い国はどこ?』ラグビー強い国まとめ

画像引用元:http://www.allblacks.com/

「ラグビーで強い国はどこなの?」

ラグビーで強い国といえば、やっぱりニュージーランドでしょう。

ニュージーランドとは、オーストラリアの近くオセアニアにある島国(首都はウェリントン、最大の都市はオークランド)。

同じ南半球にある隣国・オーストラリアと南アフリカの3ヵ国で世界のラグビーを牽引しています。

ラグビーワールドカップ優勝回数(全8回開催)

  • ニュージーランド:3回
  • オーストラリア:2回
  • 南アフリカ:2回

※残り1回はラグビー発祥の国・イングランドが優勝。

 

ラグビーで一番強い国はどこ?

ラグビーで一番強い国はどこ?

その質問にラグビーを知っている人に聞くとニュージーランドと答える人が85%を超えるでしょう(個人的な肌感です…)

ラグビー世界ランキング(2009年11月から世界ランク1位を維持)もを見てもわかるように、ラグビーといえばニュージーランドといっても過言ではない。

ラグビー界はニュージーランドを中心に動いています。

 

ニュージーランドの成績

ラグビーワールドカップ

  • 優勝3回、準優勝1回

テストマッチ成績

  • 対オーストラリア:109勝42負7分
  • 対南アフリカ:55勝35敗3分
  • 対イングランド:32勝7負1分

 

 

ラグビー世界ランキング

ラグビーの世界ランキングをみてみましょう。

1位 ニュージーランド
2位 アイルランド
3位 イングランド
4位 オーストラリア
5位 スコットランド
6位 南アフリカ
7位 ウェールズ
8位 フランス
9位 アルゼンチン
10位 フィジー
11位 日本

※2018年4月に発表された世界ランキングより

世界ランキングとは…

男子のナショナルチームによるテストマッチの成績をポイント化し、各ナショナルチーム別の競争力を表しているもの。

ポイントは勝てばポイントが加算され、負ければ減算される。

 

\日本代表ジャージ発売中!/

【最安値は?】ラグビー日本代表のジャージを買う方法は3通り

2018.06.02

※開幕(2019/10)が近づくにつれて、日本代表ジャージは在庫切れになる可能性があります。

ジャージはいますぐにでも手に入るので、いまのうちに日本代表ジャージを確保しておきましょう。

 

1位ニュージーランド

ラグビー界で、もっとも強いのが、ニュージーランドでしょう。

オールブラックとよばれ、長らくラグビー界のトップを走り続けています。

2016年アイルランドに負けるまで、国際試合18連勝していました。

  • 1987年ラグビーワールドカップ 優勝
  • 2011年ラグビーワールドカップ 優勝
  • 2015年ラグビーワールドカップ 優勝

 

2位アイルランド

2017年6月に来日し、日本代表と対戦したのがアイルランド。

2019年日本で開催されるラグビー ワールドカップでは同じ予選プール。

 

同プールでもっとも強いチームでしょう。

2016年にはニュージーランドに勝ち。ニュージーランドの連勝をとめたチームでもあります。

日本との対戦成績

リポビタンDチャレンジカップ2017

  • 2016年6月17日 日本 22-50 アイルランド
  • 2016年6月24日 日本 13-35 アイルランド

 

3位イングランド

前ラグビー日本代表の監督をしていたエディ・ジョーンズ氏が監督就任後、強さをつけてきました。

決して弱いチームではないのですが、2015年地元開催のワールドカップでは、予選プール敗退という屈辱的な結果だった。

  • 2003年ワールドカップ 優勝

 

4位オーストラリア

ニュージーランドとともに、常にラグビー界を引っ張っている国。

2015年ラグビーワールドカップでは、決勝でニュージーランドにまけるも準優勝。

ワールドカップでは、安定した結果を残している印象があります。

ですが、正直オーストラリアが、世界ランキング4位とはすこしさみしい。

  • 1位 ニュージーランド
  • 2位 オーストラリア

というイメージが強い。

 

5位スコットランド

2015年ラグビーワールドカップで、唯一日本がまけたチーム。

2019年でも、同じ予選プールに。

ヨーロッパでは、イングランド・アイルランドにつぐ力をもつチームでしょう。

 

6位南アフリカ

2015年ラグビーワールドカップで、日本に敗戦。

(史上最大の番狂わせといわれた)

その後なんとか、もちこたえ3位という成績をのこしたところは「さすが」というところ。

かし、ワールドカップ以降は、おもったような成績が残せていないようで、世界ランキング5位。

もっと上位にいてもいいチーム。

 

7位ウェールズ

前回大会のワールドカップでは、世界ランキング2位で挑んだが、準々決勝で敗退。

「強いけど、勝負弱い」という印象でしょうか。

  • ワールドカップ最高成績 ベスト8

 

8位フランス

フランスが世界ランキング8位は驚き。

ワールドカップでは優勝はないものの、準優勝が3回と強豪国。

ニュージーランドはなんども、フランスに苦しめられてきた。

 

9位アルゼンチン

  • 2015年ワールドカップ 4位

前回大会以降、調子を落としているアルゼンチン。

南半球では、ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリアにつぐチームなので調子をもどせばもっと上位に食いこんでくるでしょう。

  • ワールドカップ最高成績 3位

 

10位フィジー

日本とつねにランキングを競い合っている国。

身体能力は世界一ともいっていいレベル。

  • 2016年リオデジャネイロオリンピック セブンズ優勝
  • ワールドカップ最高成績 ベスト8

 

11位日本

ラグビーファンの間では「ジャパン」と呼ばれている。

  • ワールドカップ:8回出場
  • 最高成績:1次リーグ3位

関連記事:ラグビー日本代表ワールドカップ全成績まとめ

世界ランキングの定位置は10〜14位の間だろうか。

上位チームとの差は大きく、なかなか上位に食い込めない。

フィジー、サモア、トンガなどと世界ランキングを競い合っている。

 

おすすめ記事:【最安値は?】ラグビー日本代表のジャージを買う方法は3通り

【最安値は?】ラグビー日本代表のジャージを買う方法は3通り

2018.06.02

 

12位以下…

  • 12位ジョージア
  • 13位トンガ
  • 14位イタリア
  • 15位サモア

 

まとめ

「ラグビーで一番強い国」はやっぱり、ニュージーランドでしょう。

ニュージーランドではラグビーが国技であり、子供のころから皆がラグビーに触れています。

ニュージーランド・オーストラリア・南アフリカ共和国・アルゼンチン・日本の5か国、計15のクラブチームにて行われるラグビーユニオンの国際リーグ戦・スーパーラグビー(プロリーグ)にももちろん参戦。

ニュージーランドからはスーパーラグビーで最多の5チームが参加しています。

強さの秘訣は一言では語ることはできませんが、ニュージーランドにおけるこういったラグビー文化が強さを支えているということです。

 

 

日本代表は強豪アイルランドやスコットランドと同じ組グループに入りました。

グループステージを突破し、初の決勝トーナメントに進出できるのか。

日本全国各地で開催されるラグビーワールドカップをぜひ生で観戦してみてはどうでしょう?

まだ買える?【チケット一般販売日程】ラグビーW杯2019日本大会

2018.06.04

スポンサードリンク

【最安値】選手たちと同じジャージを着て、日本代表を応援しよう!

開幕が近づくにつれて、在庫がなくなる可能性があります。

そのため、いまのうちに日本代表のジャージを確保しておきましょう。

※ラグビー好きの方へのプレゼントにもおすすめです。

(ラグビーW杯開幕は2019年10月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です