南ア代表「ダミアン・デアレンデ」がW杯後トップリーグ・パナソニックでプレー!?

南アフリカ代表のダミアン・デアレンデが2019年ワールドカップ後、トップリーグ・パナソニックでプレーすると報じられた。

また、ダミアン・デアレンデの他にも、南アフリカ代表のジェシー・クリエルとジェイソン・ジェンキンスもトップリーグでプレーするようだ。

移籍先は不明。

 

南ア代表「ダミアン・デアレンデ」がパナソニックに

Centres Damian de Allende and Jesse Kriel and lock Jason Jenkins are set to sign lucrative deals to play in Japan after the World Cup.

According to Afrikaans newspaper Rapport, De Allende is on the brink of signing for the Panasonic Wild Knights, who are coached by Robbie Deans. The 27-year-old will reportedly be unavailable to the Stormers because his contract with Panasonic will run from January to May.

引用:Bok trio set for Japan move

移籍先と報じられているのはパナソニック。

契約期間は、2020年1月〜2020年5月。

過去に近鉄でもプレー。

ポジションはWTB/CTB。

 

ジェシー・クリエルとジェイソン・ジェンキンスもトップリーグへ

Kriel has also received an offer from a Japanese club and has already informed the Bulls and SA Rugby about his intention to accept the deal. A source close to the 25-year-old confirmed to Rapport that Kriel will ‘definitely’ play in Japan next year.

Meanwhile, Jenkins is also believed to be on his way to Japan. The 23-year-old has one Test cap, which came against Wales in Washington DC last June.

引用:Bok trio set for Japan move

ジェシー・クリエルとジェイソン・ジェンキンスもワールドカップ後に、トップリーグでプレーする模様。

クリエルは、日本のクラブからもオファーを受けているとよこと。

ただ、両選手とも所属先は不明。

 

もっと分かりやすいラグビーサイト

スポンサードリンク

【最安値】選手たちと同じジャージを着て、日本代表を応援しよう!

開幕が近づくにつれて、在庫がなくなる可能性があります。

そのため、いまのうちに日本代表のジャージを確保しておきましょう。

※ラグビー好きの方へのプレゼントにもおすすめです。

(ラグビーW杯開幕は2019年9月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です