【2019年度】早稲田大学ラグビー部新入部員まとめ(推薦・内部進学・一般)

2019年度の早稲田大学ラグビー部には、トップアスリート推薦・スポーツ推薦で4名の選手が入部。

早稲田実業など内部進学・一般入試で23名

スタッフも合わせたら33名もの学生が入部。

 

さっそく新入部員をみていきましょう。

 

2019年度早稲田大学ラグビー部新入生・新入部員

  • 入部者数:33名
  • スポーツ推薦:4名
  • 内部進学・一般:23名
  • スタッフ:6名

 

トップアスリート・スポーツ推薦(4名)

ポジション 名前 出身高校 高校日本代表 入試形態
SH 小西 泰聖 桐蔭学園 トップアスリート推薦
SO 吉村 紘 東福岡 候補 スポーツ推薦
CTB 松下 怜央 関東学院六浦 候補 スポーツ推薦
CTB 槇 瑛人 國學院久我山 スポーツ推薦

 

現役の主な推薦入学選手(現2年生〜4年生)

2018年度(現2年生)

  • PR小林賢太(東福岡・スポーツ推薦)
  • FL/HO原朋輝(桐蔭学園・スポーツ推薦)
  • CTB長田智希(東海大仰星・スポーツ推薦)
  • WTB/FB河瀬諒介(東海大仰星・スポーツ推薦)

参考資料:2018年度推薦合格者(早稲田大学ラグビー蹴球部)

 

2017年度(現3年生)

  • PR久保優(筑紫・スポーツ推薦)
  • LO下川甲嗣(修猷館・スポーツ推薦)
  • WTB古賀由教(東福岡・スポーツ推薦)

参考資料:2017年度推薦合格者(早稲田大学ラグビー蹴球部)

 

2016年度(現4年生)

  • LO三浦駿平(秋田中央・スポーツ推薦)
  • FL柴田徹(桐蔭学園・自己推薦)
  • FL幸重天(大分舞鶴・指定校推薦)
  • SH齋藤直人(桐蔭学園・スポーツ推薦)
  • SO岸岡智樹(東海大仰星・自己推薦)
  • CTB中野将伍(東筑・トップアスリート推薦)
  • CTB桑山淳生(鹿児島実業・スポーツ推薦)

参考資料:2016年度推薦合格者(早稲田大学ラグビー蹴球部)

 

内部進学・一般入学

ポジション 名前 出身高校 高校日本代表
PR 井元 正大 早稲田実業  
PR/No8/LO 平山 貴喜 函館ラ・サール  
HO 武内 陸 早大学院  
LO 鏡 鈴之介 早大学院  
FL 植野 智也 早稲田実業  
FL 梅澤 未遊 早大学院  
FL 江島 航
早稲田渋谷シンガポール
 
FL 大木 裕太 早大学院  
FL 川村 駿太 函館ラ・サール  
FL 西野 直樹 早大学院  
FL 前田 知暉 東海大仰星  
FL/No8 相良 昌彦 早稲田実業  
SH 石田 大貴 早大本庄  
SH 清水 一志 早稲田実業  
SH 米重 颯己 函館ラ・サール  
SO 金井 奨 太田  
SO/FB 川名 航平 早大学院  
CTB 和田 遼 早大本庄  
CTB 下原 一輝 早大学院  
CTB/FB 平田 楓太 東筑  
WTB 今駒 有喜 早稲田実業  
WTB 吉松 立志 高鍋  
FB 小泉 伶史 早稲田実業 候補

参考資料:【2019年度 新入部員】(早稲田大学ラグビー蹴球部)

付属校であり、昨年度の花園に82年ぶりに出場した早稲田実業から有力選手が多く入部。

早稲田大学の現在の監督である相良さんの息子・選手、また高校日本代表候補にも入った小泉選手など推薦組にも劣らない逸材が多い。

スポーツ推薦組みと良い化学反応が起きたら、2〜3年後は間違いなく大学トップのチームになるでしょう。

 

現役の内部進学組み

  • HO森島大智(4年・早稲田実業)
  • SO/CTB船越 明義(4年・早大学院)
  • No8丸尾崇真(3年・早稲田実業)
  • FL/No8田中智幸(2年・早大学院)
  • CTB中西亮太朗(2年・早稲田実業)

参考資料:部員紹介(早稲田大学ラグビー部蹴球部)

 

2019年度新入部生個人的な注目選手

桐蔭学園・小西選手はだれもが注目しているであろう選手なので、私が書くまでもないでしょう。

小西選手を抜いた入部選手で注目なのは、やはり内部進学組み。

なかでも早稲田実業のNo8相良選手とFB小泉選手です。

 

No8相良選手(早稲田実業)

現早稲田大学監督・相良さんの息子さん。

No8ということもあり、強さを十分に見せつけていた。

ただ、180cm/92kgと背丈に目ズ稀手いるわけでも、足が早いという印象もなかった。

そのため大学卒業後もプレーをすることを考えるのであれば、大学ではHOあたりにコンバートされるのではないかとみている。

もちろん、早稲田大学卒の選手では金選手や布巻選手など3列のなかで、決して大きくない体で第一線でプレーしている選手もいるのは確か。

どちらにしても、個人的にはかなり注目している選手です。

 

FB小泉選手(早稲田実業)

U-17日本代表主将経験を持つFB小泉選手。

お父さんも早稲田大学でSOとして活躍。

小泉選手は花園でも存在感たっぷりのプレーを見せてくれた。

178cm/86kgと高校生のバックスではガッチリした体型ということもありランにも力強さがあった。

また、ゴールキックをつとめるなどキックにも期待がかかる。

才能豊かなバックスが揃う早稲田で、1年生からの公式戦出場は難しいかもしれないが、大学で経験を積めば間違いなくおもしろい選手になつ逸材でしょう。

 

春の公式戦はJsportsで視聴可能です。

詳しくは>>【月額2,890円~】ラグビー見るなら「Jスポーツ」|登録手順・視聴方法をご覧ください。

※Jsports以外では放送されません。

もっと分かりやすいラグビーサイト

スポンサードリンク

【最安値】選手たちと同じジャージを着て、日本代表を応援しよう!

開幕が近づくにつれて、在庫がなくなる可能性があります。

そのため、いまのうちに日本代表のジャージを確保しておきましょう。

※ラグビー好きの方へのプレゼントにもおすすめです。

(ラグビーW杯開幕は2019年9月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です