2017-18トップリーグは、【昨年下位チーム】が得をするリーグ構成⁉

スポンサードリンク

引用:近鉄ライナーズオフィシャルサイト

2017-18トップリーグでは、シーズンにおいて得するチームが存在する。

トップリーグが13節に縮小され、全チームが2つのチームとは試合をしない

その関係で、昨年の覇者サントリーや、2位ヤマハ発動機、豊富な戦力をかかえるパナソニックと対戦しなくてもいいチームがでてくる。

いったい、どのチームが

サントリー・ヤマハ・パナソニックと対戦せず「得をする」のか?

トップリーグ「2カンファレンス制」を採用

2017-18トップリーグは、16チームを2つに分けた2カンファレンス制でおこなわれます。

  • 各カンファレンス1回戦総当たり
  • および別カンファレンスの6チームとの交流戦

その後、カンファレンス順位に応じた、総合順位決定トーナメントを行い、最終順位を決定します。

上位4チーム「日本選手権」を兼ねた戦い

各カンファレンス1、2位の4チームは第55回日本ラグビーフットボール選手権大会を兼ねた戦いとなり、日本選手権の優勝チームが、ジャパンラグビー トップリーグ 2017-2018のチャンピオンチームとなる。

引用:ジャパンラグビー トップリーグ2017-2018「大会概要」|ジャパンラグビートップリーグ公式サイト

2017-18シーズンは「13節」

2カンファレンスにわかれて、リーグ戦を実施。

  • 同じカンファレンスでは総当たり。
  • 別カンファレンスのチームとは、交流戦として6試合をおこなう。

2チームとは対戦しなくていい

リーグ戦が13節で終了するトップリーグ。

総当たりで対戦するなら、16チームいれば、15節になるはずなのに…

日本代表強化の一環で、トップリーグの日程をみじかくするため13節にちじめることに。

その結果、2つのチームとは試合をしないという変則的な組み合せになった。

この結果、得をするチーム&損をするチームがでてきてしまう。

関連記事:なぜ?開幕戦で「別カンファレンス」の対戦が6試合|ラグビー・トップリーグ – ラグビー.com

得するチーム&損するチーム

16チームあるのに、13節で終了するリーグ戦、だから得するチーム&損するチームがでてきてしまう。

※得するチーム&損するチームという言い方は変かもしれませんが。

16チーム所属するなか、13試合しかしない。

残り2チームとは対戦しないとなると。

やはり強いチームはさけたいですよね?

サントリーや、パナソニック、ヤマハ発動機を対戦するんなら、もう少し弱いチームと戦いたい。

かなうなら、下位チームと対戦したいと思うのが、各チーム関係者の本音でしょう。

2016-17下位チームが「得」をする

今シーズン変則的なトップリーグですが、気になる「得をするチーム」はというと…

昨年下位にしずんだチームなんです!

2016-17下位チーム成績

13位…近鉄

14位…コカ・コーラ

15位…豊田自動織機

TC1…NTTドコモ

  • レッドカンファレンスなら、近鉄とNTTドコモ。
  • ホワイトカンファレンスなら、コカ・コーラと豊田自動織機。

ぜなら、

・近鉄とNTTドコモは、ヤマハ発動機とパナソニック。

・コカ・コーラと豊田自動織機は、サントリーと神戸製鋼。

と対戦しなくていいんです。

これって、成績に大きく影響をあたえませんか?

「損」をするチーム

2016-17シーズン、5〜12位のチームが一番損をすることになるだろう。

下位チームにキッチリかって、上位チームに勝負を挑んで順位をあげることができない。

ただたんに、下位チームとの対戦が減り、上位チームとの対戦は例年とおり。

タフな試合が続くことになる。

5位〜12位の順位は大きく変動しようですね。

2016-17シーズン成績▼

  • 5位…NTTコム
  • 6位…リコー
  • 7位…キャノン
  • 8位…トヨタ自動車
  • 9位…東芝
  • 10位…NEC
  • 11位…サニックス
  • 12位…クボタ

対戦しないチームまとめ

  • サントリー、神戸製鋼は、コカ・コーラ、豊田自動織機と対戦しない。
  • NTTコム、トヨタ自動車は、NEC、サニックスと対戦しない。
  • 東芝、クボタは、リコー、キャノンと対戦しない。
  • 近鉄、NTTドコモは、ヤマハ、パナソニックと対戦しない。
レッド ホワイト
サントリー
×
コカ・コーラ
神戸製鋼 豊田自動織機
NTTコム
×
NEC
トヨタ自動車 サニックス
東芝
×
リコー
クボタ キャノン
近鉄
×
ヤマハ
NTTドコモ パナソニック

1番得するチームは「近鉄ライナーズ」

一番、得をするのは、近鉄ライナーズではないでしょうか。

昨シーズンは、調子が悪く13位に低迷するも、選手はそろっている。

サントリーとの開幕戦では13-14と、昨シーズンの王者を一番苦しめた近鉄。

そんな近鉄は、ヤマハ発動機パナソニックとリーグ戦では対戦しない。

他のチームが2つの強豪と対戦するなか、近鉄はほかの中堅チームとの試合がつづく。

ここれ勝ちをつめば、上位進出も十分考えられます。

昨シーズンの不調が、今シーズンに好影響をもたらしてしまったかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です