アシックスカップで躍進の『大分東明』|大分東明が示した「高校ラグビー」の新しいモデルケース【7人制特化】

スポンサードリンク

引用:https://twitter.com/RUGBY_REPUBLIC/status/887233044859371520

2017年アシックスカップ・東福岡高校の2連覇で幕を閉じた。

ベスト4に進出した4チームは、花園常連校ばかりだ。

今年の花園を盛り上げる4チームであることは間違いないでしょう。

そんななか、高校ラグビーの新たなモデルケースがみれたような大会でもあった。

それは「大分東明高校」が示してくれた。

「大分東明」高校が躍動!

第4回アシックスカップで、ひときわラグビーファンの目をひいたのは、「大分」の高校ではないだろうか。

高校ラグビー界で、大分といえば、だれもが「大分舞鶴」と答えるはず。

しかし、、、

今大会、大分県の代表は「大分東明高校」。

私は、特に注目もしておらず、失礼な話。

プレート、ボウルトーナメントへ進むと思っていた。

そんな大分東明高校が、終わってみればカップトーナメントベスト8という素晴らしい成績をおさめたのだ。

カップトーナメント…予選リーグの1位同士が激突するトーナメント。

実質、決勝トーナメント。

「大分東明」アシックスカップ結果

予選プール

  • 大分東明(大分)
  • 三本木農業(青森)
  • 高岡第一(富山)

予選プール試合結果

  • 大分東明 41-0 三本木農業
  • 大分東明 36-12 高岡第一

決勝トーナメント

  • 1回戦

大分東明 33-10 西陵高校

  • 準々決勝

大分東明 7-24 京都成章

都成章は、準優勝。
準決勝の、東海大仰星戦のスコアをみると大分東明の強さも証明されます。
決勝トーナメント準決勝
京都成章 31-12 東海大仰星
※結果論であることは違いないですが…

「第4回全国高校7人制大会県予選」結果

  • 決勝(4月16日)

大分東明 12-7 大分舞鶴

前半 12-0

後半 0-7

ちなみに、15人制ラグビーでは、まだ大分舞鶴とはかなりの差があるよう。

第65回大分県高校総合体育大会

決勝(6月15日)

大分東明 82-7 大分舞鶴

前半 0-26

後半 7-56

高校ラグビー界の名門「大分舞鶴」

花園出場55回を誇るラグビー界の超名門。

個人的にはNO.8吉田選手。SO才口選手がいた時代が大好きです。

啓光学園との死闘はすごかった…

大分舞鶴に勝利した「大分東明」

花園出場55回誇る名門に勝利し、7人制の全国大会に出場した大分東明。

全国大会でも、大分舞鶴に勝利したちからを存分に発揮しベスト8という成績を残した。

残念ながら、15人制ではまだ大分舞鶴に差があるようですが、今回の成績は今後の高校ラグビー界の新しい形になる。

「なぜ」大分舞鶴に勝利できたのか?

大分東明はなぜ、大分舞鶴に勝利できたのか?

それは、15人制と7人制ではまったく違った要素が求められるからだろう。

ジションの役割が、ある程度決まっている15人制と比べ、7人制はどの選手もパス、ラン、タックルなどどのプレーもできなければいけない。

大分東明が、大分舞鶴より、よりセブンセスに適した選手を7人集めることができたことが勝利に結びついたと考えられる。

7人制のメリット

15人制では、強豪高校に勝てなかった大分東明。

しかし、7人制では勝つことができた。

これは他の県のチームにも新たな可能性を示すいいケースになったはず。

  1. 「7人」で公式戦に出場できる
  2. 本格的に取り組んでいる高校が少ない

7人制には、2つのメリットがある。

部員が集まらず、15人制での強化でできないチームでも7人制なら少人数で練習をつみ、全国大会への出場する可能性もひろがる。

「部員が集まらない」を逆手にとる

鳥取県や、四国の高校はラグビー部の部員を集められず、県自体のラグビー強化が進んでいない。

部員数に、悩まされている高校はまずは7人制に特化してみるのはどうだろうか。

関連記事:【高校ラグビー】U-18欧州選手権と春の選抜大会どっちが重要? – ラグビー.com

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です