11/19東京で4強が激突!トップチャレンジ第8週試合結果|1stステージ残り2週

スポンサードリンク

ップチャレンジ8週目が、11月18.19日に開催。

1stステージの4強が激突!果たしてどのチームが勝利をおめたのか?

 

トップチャレンジ「第8週」試合結果

対戦カード
11/18 △マツダ 31-31 釜石△
11/19 〇日野自動車 42-33 九州電力
11/19 三菱重工相模原27-50Honda〇
11/19 中部電力7-35中国電力〇

 

関連記事:【全試合結果】トップチャレンジリーグ2017|2017.9.16〜12.23

 

トップチャレンジ「マツダ-釜石SW」結果

日時:11月18日 13:00〜

会場:コカ・ウエストラグビー場

試合結果

  • マツダ 31-31 釜石
  • 前半 24-19
  • 後半 7-12

 

前半は、トライを取っては取られての展開が続いていた。

 

後半14分には、マツダがトライをとり、一時12点差をつけリードを奪ったが…

後半25.29分に、たて続けに釜石がトライをうばい同点とされる。

その後は、得点が動かないままノーサイドとなった。

 

両チームとも、なんとか勝利がほしかった一戦だけに悔いがのこってしまう。

おそらく2ndステージBグループでも、この2チームが1.2位争いをするだろう。

 

得点の流れ▼

前半 チーム 得点 スコア
5 マツダ トライ 5-0
6 マツダ Gキック× 5-0
11 釜石 トライ 5-5
12 釜石 Gキック× 5-5
20 マツダ トライ 10-5
22 マツダ Gキック 12-5
26 釜石 トライ 12-10
27 釜石 Gキック 12-12
30 マツダ トライ 17-12
31 マツダ Gキック 19-12
36 マツダ トライ 24-12
37 マツダ Gキック× 24-12
39 釜石 トライ 24-17
40 釜石 Gキック 24-19
後半 チーム 得点 スコア
14 マツダ トライ 29-19
15 マツダ Gキック 31-19
25 釜石 トライ 31-24
27 釜石 Gキック× 31-24
29 釜石 トライ 31-29
29 釜石 Gキック 31-31

 

トップチャレンジ「日野自動車-九州電力」結果

日時:11月19日 11:30〜

会場:駒沢

試合結果

  • 日野自動車 42-33 九州電力
  • 前半28-14
  • 後半14-19

 

先制したのは、日野自動車。

その後、九州電力にトライをうばわれ同点となるも、2連続トライで前半26分日野自動車が21-7とリード

日野自動車は、スクラム勝負にこだわっている模様です。

※masayoshi.mさんリンク失礼致します。

 

後半の得点だけをみたら14-19と九州電力がかっている。

日野自動車としては、もう少し失点をすくなくし勝利したかっただろう。

 

 

ペナルティも多く、後半は完全に九州電力ペースだったようです。

 

九州電力は、これで1stステージ4位が確定。

2ndステージは、勝点0からのスタートになる。すこしでも昇格の可能性をあげるには2ndステージでは、勝利をつかみたい。

トップリーグ昇格の条件はこちらをご覧ください>>>トップリーグへの昇格条件は?|【大会方式】トップチャレンジリーグ2017-18

 

トップチャレンジ「三菱重工相模原-Honda」結果

日時:11月19日 14:00〜

会場:駒沢

試合結果

  • 三菱重工相模原 27-50 Honda
  • 前半 17-24
  • 後半 10-26

 

 

トップチャレンジ「中部電力-中国電力」結果

日時:11月19日 14:00〜

会場:パロマ瑞穂ラグビー場

試合結果

  • 中部電力 7-35 中国電力
  • 前半 0-18
  • 後半 7-35

 

中国電力が、圧勝。

中国電力のメンバーをみたら、当然の結果のように思える。

 

中国電力の主なメンバー▼

  • No8河口駿(帝京大)
  • SH塚本奨平(帝京大)
  • CTB市原(東海大)
  • WTB竹田和史(帝京大)
  • Re松永 浩平(帝京大)
  • RE畑中啓吾(関西学院大)

 

富岡さんが監督をしていたころは、帝京大学の選手を中心に補強をし、チームも強くなっていた。

しかし、監督が交代してからはおもうようにチームが強くなっていなかった。また、チームの主力だったSO染山選手が抜けた穴も大きかったか。

 

中部電力は、このままの状態で2ndステージに進んでしまうと自動降格の有力候補だろう。

2ndステージで対戦する3チームのうち、どこかに照準をあわせてとにかく1勝をもぎ取るというような考えでもいいだろう。

 

トップチャレンジ降格条件は?>>>

 

トップチャレンジ順位表

順位 チーム名 勝点
1 Honda 30
2 日野自動車 28
3 三菱重工相模原 24
4 九州電力 18
5 マツダ 11
6 釜石 8
7 中国電力 5
8 中部電力 0

※11/19時点

 

www.rugby-jpn.com

参照:関東ラグビーフットボール協会

引用:http://www.kyudenvoltex.com/game/result/2017/11111300/index.html

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です