トップリーグ2017【入れ替え戦】のシステムを解説!|16位は自動降格、その他は…?

スポンサードリンク

ップリーグ2017-18は、最大4チームがトップチャレンジへの降格の可能性がある。

1チームは自動降格。

入れ替え戦の結果では、最大3チームが降格ということも。

もうすこし詳しくトップリーグ2017-18入れ替え戦についてみていきましょう。

 

トップチャレンジへの降格とは?

日本でのラグビー最高峰リーグは、トップリーグという社会人リーグだ。

その下部リーグにあたるのが、トップチャレンジリーグ。

トップリーグの下に、トップチャレンジが存在するため毎年入れ替え戦が行われる。

これがトップチャレンジへの降格ということになる。

 

サッカーで例えると、

  • J1…トップリーグ
  • J2…トップチャレンジ

というようなイメージです。

 

トップリーグ2017入れ替え戦

トップリーグ2017-18シーズンでは、最大4チームがトップリーグから、トップチャレンジ(トップページの下部リーグ)へと降格する可能性がある。

 

  • 1チームは、入れ替え戦にまわることなくトップチャレンジへと、自動降格
  • 3チームは、入れ替え戦に負けるとトップチャレンジへと降格となる。

入れ替え戦には、トップリーグの大会方式が関係してきます。

 

2017-18シーズン トップリーグの大会方式

トップリーグには全16チームが所属。

16チームを、8チームずつのグループに分け各チーム13試合を行う。

その後、リーグ戦での順位に応じて順位決定トーナメントを開催。最終的な2017シーズンの順位を決定する。

 

リーグ戦対戦方式▼

1回戦総当たりのリーグ戦7試合と

別カンファレンスのチームとの交流戦6試合の合計13試合。

 

日本ラグビー「2017年度」の仕組みは、こちらの記事をご覧ください>>>リーグ戦&仕組み|ジャパンラグビー2017【トップリーグ・トップチャレンジ・3地域リーグ】 – ラグビー.com

 

リーグ戦の順位で、トップチャレンジへの自動降格&入れ替え戦チームはきまる

トップリーグでは、リーグ戦のあとに順位決定トーナメントで、最終的な順位をきめるといいましたが。

トップチャレンジへの自動降格&入れ替え戦にまわるチームはリーグ戦の順位できまってしまうんです!

 

「なぜか?」

順位決定トーナメントの仕組みに関係してきます。

 

順位決定トーナメントの仕組み

順位決定トーナメントは、リーグ戦の順位によってトーナメントが構成されます。

  • 各カンファレンス1.2位がすすむ、ラグビー日本選手権兼1-4位決定トーナメン
  • 各カンファレンス3.4位がすすむ、5-8位決定トーナメント
  • 各カンファレンス5.6位がすすむ、9-12位決定トーナメント
  • 各カンファレンス7.8位がすすむ、13-16位決定トーナメント

となります。

 

もうお気づきでしょうか?

各トーナメント、4チームで構成されます。

  • ラグビー日本選手権優勝とトップリーグ1位をあらそう4チーム
  • トップリーグ5位を目指す4チーム
  • トップリーグ9位を目指す4チーム
  • トップリーグ13位を目指す4チーム

そうなんです!

トップリーグ13位を目指すトーナメントにすすんでしまうと、トーナメントで2勝し13位となっても、入れ替え戦にまわってしまいます。

 

入れ替え戦にまわるのは、トップリーグ13~15位

リーグ戦、各カンファレンス7.8位があるまる13位決定トーナメントに進出すると、トーナメントで2連勝し13位となっても、トップチャレンジとの入れ替え戦にまわってしまいます。

「なら13位になっても意味ないってこと?」

とおもわれるかたもいるでしょう。

 

たしかに、順位決定トーナメントで2連勝しても結局入れ替え戦にまわってしまう。

でも、13位には14.15位よりは有利な仕組みになっているので安心してください。

 

トップリーグ13位チームは、入れ替え戦でトップチャレンジ4位と対戦することになります。入れ替え戦にまわるチームの中で一番トップチャレンジでの順位が低いチームとの対戦となります。

 

トップリーグ入れ替え戦

  • トップリーグ13位vsトップチャレンジ4位
  • トップリーグ14位vsトップチャレンジ3位
  • トップリーグ15位vsトップチャレンジ2位

 

トップリーグへの昇格条件は?|【大会方式】トップチャレンジリーグ2017-18 – ラグビー.com 

 

トップリーグ16位は自動降格

そうそう、言い忘れていたんですが、13位決定トーナメントで2連敗。

つまり、16位となってしまったら入れ替え戦にもまわれず、トップチャレンジへと自動降格してしまいます。

そのかわりに、トップチャレンジ1位チームが自動昇格してきます。

 

  • トップリーグ16位 → トップチャレンジに自動降格
  • トップチャレンジ1位 → トップリーグに自動昇格

 

最大4チーム トップチャレンジへの降格の可能性がある

13位決定トーナメントに進出する4チームには、全チームがトップチャレンジへと降格してしまう可能性があります。

トップリーグとトップチャレンジの実力差からかんがえると、4チームすべてが降格というのは考えにくい。

だが、4チームの降格もありうるというのを覚えておいてください。

 

トップチャレンジの昇格争いはこちらから>>>トップリーグ昇格争いは、はやくも4チームに絞られた!?|10/14.15トップチャレンジ|ジャパンラグビー – ラグビー.com

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です