認定トライも獲得!|ヤマハのスクラム全結果一覧|トップリーグ2017 vsNTTコム

スポンサードリンク

引用:2017-2018トップリーグ 第7節 – 試合日程・結果 | ヤマハ発動機ジュビロ(ラグビー)

Twitterで募集した【10/14 ヤマハの【何が】観たいですか?】をブログにしました!

今回は、ヤマハ「スクラム全結果」ということでさっそくまとめました。

認定トライを獲得したヤマハがやはり、スクラムを制圧!

※スクラムを組んだ回数をかいています。

NTTコム戦 スクラム「全結果」

時間 ボール 結果
前半11分 ヤマハ ヤマハ.ペナルティ獲得
前半14分 ヤマハ ヤマハ.ペナルティ獲得
前半19分 Nコム Nコムノックオン
前半20分 ヤマハ ボールアウト
前半22分 ヤマハ ボールアウト
前半24分 Nコム ヤマハ.ペナルティ獲得
前半35分 ヤマハ ボールアウト
後半2分 ヤマハ Nコム.コラプシング
後半7分 ヤマハ 認定トライ
後半10分 Nコム ボールアウト
後半12分 Nコム ボールアウト
後半14分 ヤマハ ヤマハ.ペナルティ獲得
後半21分 ヤマハ ボールアウト
後半24分 Nコム ボールアウト
後半32分 ヤマハ Nコム.フリーキック獲得
後半33分 ヤマハ ヤマハ.ペナルティ獲得
後半35分 ヤマハ ヤマハ.ペナルティ獲得
後半38分 Nコム ボールアウト
後半41分 ヤマハ ヤマハ.ペナルティ獲得
後半43分 ヤマハ ヤマハ.ペナルティ獲得

ヤマハはスクラムを押せたのか?|9/30ヤマハvs神戸製鋼【トップリーグ6節】 – ラグビー.com

ヤマハ・前半スクラム一覧

前半11分 ヤマハボール

エリア:NTTコム陣22m内

ヤマハが猛プッシュし、アドバンテージを獲得→バックス大外まで展開。

アドバンテージを適用し、タッチキック

前半14分 ヤマハボール

エリア:NTTコム陣10m

ヤマハが猛プッシュ。

ペナルティを獲得し、タッチキック。

前半19分 Nコムボール

エリア:ハーフウエイ

ヤマハプレッシャーをかけ、No8マフィ選手がノックオン。

ヤマハがボール獲得。

前半20分 ヤマハボール

エリア:ハーフウエイ

NTTコムがおそうとするも、ヤマハがボールアウト。

ショートサイドに展開

前半22分 ヤマハ ボールアウト

エリア:ハーフウエイ

ヤマハ、少し時間をかけボールアウト。

前半24分 Nコムボール

エリア:ハーフウエイ

NTTコムがくずれる→ヤマハがペナルティを獲得。

前半35分 ヤマハボール

エリア:NTTコム22m内

ヤマハ、猛プッシュしボールアウト、9→13とつなぐ。

ラックから、9→8と回しトライ。

ヤマハ・後半スクラム一覧

後半2分 ヤマハボール

エリア:ヤマハ陣22m

NTTコム1番のコラプシング。

ヤマハがペナルティ獲得→タッチキック

後半7分 ヤマハ 認定トライ

エリア:NTTコムゴール前

ヤマハが猛プッシュ、ゴール前に迫る。

NコムNo8マフィが、堀江選手を持ち上げ押し返すが…

ペナルティ→認定トライ!

後半10分 Nコムボール

エリア:ヤマハ陣10m付近

ヤマハがプレッシャーをかけるも、N08がなんとかボールをもちだす。

後半12分 Nコム ボールアウト

エリア:ヤマハ陣10m~22m内

NTTコムNo8がすぐにボールを持ち出す。

後半14分 ヤマハボール

エリア:ハーフウエイ付近

ヤマハスクラムを押して、ペナルティ獲得→タッチキック

後半21分 ヤマハボール

エリア:ヤマハ陣10m

ヤマハ押さずに、ショートサイドにボールアウト。

後半24分 Nコムボール

エリア:NTTコム陣22m付近

ヤマハが少し押すが、NTTコムNo8がボールアウト。

後半32分 ヤマハボール

エリア:ハーフウエイ

NTTコムが、フリーキックを獲得。

NTTコム、クイックスタート。

後半33分 ヤマハボール

エリア:ハーフウエイ付近

ヤマハすこし押す、ペナルティを獲得→タッチキック

後半35分 ヤマハボール

エリア:NTTコム陣22m付近

ヤマハ猛プッシュ。

ペナルティ獲得→タッチキック

後半38分 Nコムボール

エリア:NTTコムゴール前付近

NTTコムNo8マフィ選手が持ち出す。

後半41分 ヤマハボール

エリア:NTTコムゴール前付近

スクラムが潰れるも、ヤマハがボールアウト。

後半43分 ヤマハボール

エリア:NTTコムゴール前付近

ヤマハが、スクラム押して、ボールアウト。

石塚選手のトップリーグ初トライにつながる。

清宮監督の評価は?|ヤマハ・SO石塚選手が、初スタメンフル出場|トップリーグ7節 ヤマハ-NEC – ラグビー.com

後半7分 ヤマハ・認定トライ

後半7分 NTTコムゴール前

NTTコムがラックで、ペナルティをおかす。ヤマハはすかさず、スクラムを選択。

スクラムで、ヤマハが猛プッシュ、ゴール前まで迫る。

NTTコムNo8マフィ選手が、ボールを持ち出そうとした堀江選手を捕まえる。だが…ペナルティに。

ヤマハが、認定トライを獲得!

最終スコア

ヤマハ 36-10 NTTコム

トップチャレンジもどうぞ>>>【試合結果】10/14.15 トップチャレンジ2017-18第5週|ジャパンラグビー – ラグビー.com

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です