サントリー沢木監督&流キャプテン【試合後コメント】まとめ|トップリーグ2017 1節〜5節

スポンサードリンク

引用:http://www.top-league.jp/2017/09/03/w3-suntory-yamaha/

サントリー沢木監督・流キャプテン

トップリーグ9節までの、試合後のコメント内容を読み返してみました。

決して満足をすることのない2人。

どのようなコメントを残してきたのか?

トップリーグ1節 8/18対キヤノン

対戦カード
9/18 ◯32-5キヤノン

沢木監督コメント

一番の収穫は、勝利したこと。

でも、チームのみな誰も満足していない状況。

開幕戦に準備してきたことは?

コンディション。

滑るボール・レフリーへの

状況に応じて自分たちで対応することが大事になる。

流キャプテンコメント

勝ったことが一番良かった。

だが、今日のラグビーの中味でファイナルで勝てるかというと、そうではない。

よかった点

収穫はボディランゲージの部分

相手は膝に手を置いていたが、サントリーはそうでなかった。

よくなかった点

スペースを攻めることができなかった。

相手のペースに合わせてしまいました。

印象

勝利した結果にしか満足をしていない様子。

相手どうこうより、自分たちの目指すラグビーをどう遂行していくかを常に考えている感じを受けます。

トップリーグ2節 8/25対リコー

対戦カード
8/25 ◯31-15リコー

沢木監督コメント

前半はゲームプラン通り。

しかし、後半は相手を生き返らせてしまった。

半は、サントリーペースで進んだが、後半はリコーが攻める時間帯が増えた。

そこに関し沢木監督はこう話す。

複雑な感情が生まれたのかなと思います。

ミーティングはお通夜みたいで(苦笑)

とお茶目な一面も見せた。

流キャプテンコメント

5ポイント取れたことだけが収穫。

後半は僕の中(流選手)では、良いとことはなかった。

勝点の内訳

勝ち点は、勝ち4点・引き分け2点・負け0点

ボーナス点の内訳

  • 負けても7点差以内ならば、勝ち点1を追加
  • 勝敗に関係なく、3トライ差以上獲得したチームに、勝ち点1を追加

次週は、ヤマハ発動機との一戦について

次週のヤマハ戦(3節)にそなえ、このようなことをおっしゃっていました。

沢木監督:

自分たちが相手の強みを消して、ボールを持って、どうスペースを突くかというゲームになると思います。

流キャプテン:

アグレッシブアタッキングラグビーという僕らの目指すラグビーで勝ちたいと思います。

参照:http://www.top-league.jp/2017/08/26/ricoh-suntory-2/

印象

早くも次週のヤマハ戦のことを考えている二人。

沢木監督の「相手を生き返らせてしまった」というコメントが印象的だった。

サントリーをヒヤリとさせたリコー|Top4になる可能性は!?|トップリーグ2017第2節 – ラグビー.com

トップリーグ3節 9/2対ヤマハ

対戦カード
9/2 ◯27-24ヤマハ

沢木監督コメント

今日は、完全な負け試合でした。

ただ、最後まであきらめずにトライを取りに行ったハングリーなところは良かったと思います。

完全に負け試合だというのは?

スクラムが全くうまく組めていなかった。

作ったチャンスを、フィニッシュまでもっていけなかった。

流キャプテンコメント

苦しい試合でした。

コイントスで風上をとった理由は?

風上を取り、アタックを継続しプレッシャーをかけていきたかった。

しかし、その結果苦しむことが多かった。

参照:http://www.top-league.jp/2017/09/03/w3-suntory-yamaha/

印象

流キャプテンが苦しい試合と表現するのはめずらしい気がする。

それほど、ヤマハに苦戦したということか。それもそのはず、ラストワンプレーで逆転したから勝利できたものの、それまでは負けていた。

負けてもおかしくない試合だった。

スクラム結果一覧|スクラムはヤマハが圧倒!|第3節サントリー27-24ヤマハ【トップリーグ2017-18】 – ラグビー.com

トップリーグ4節 9/9対NTTコム

対戦カード
9/9 ◯36-11NTTコム

沢木監督コメント

選手たちにストレスの掛かる試合だった。

自分たちがコントロールできないシチュエーションになっていた。

反則を取れたスクラムに関し

「結果、ノーコンテストスクラムになり、我々の恐れていた最悪の状況になってしまいました。押し損です(苦笑)」

流キャプテンコメント

NTTコムさんに攻められたのは、リーダー陣の課題

参照:http://www.top-league.jp/2017/09/10/w4-suntory-nttcom/

印象

まさかのスクラムがノーコンテストになるという珍しい状況に。

スクラムをノーコンテストにならなかったらもっとサントリーが得点を放していたとも考えられる。

どちらにせよ、二人はまだまだ満足していなかった。

トップリーグ5節 9/23対クボタ

対戦カード
9/23 ◯54-17クボタ

沢木監督コメント

松島のプレーだったりとか、キックからのカウンターのかたちでいい流れをつくったりとか、いいところも見えてきました。

SH日和佐選手をスタメンで起用

サントリーでは、日和佐選手・流選手にそれぞれの役割がある。

戦術の部分で、前半後半の役割が逆だったということ。

ギタウ選手をSOで起用

本当は、田村煕選手を起用したい。

と本音が出る場面も。

(本音かジョークかは定かではありません…)

田村選手はなぜ、試合に出場できないのか?>>>移籍制限について|トップリーグ「何の」調査が開始されたのか?~ジャパンラグビー~ – ラグビー.com

また小野選手が、11月に日本代表に行った場合のことも考えて、ギタウ選手のSOも試してみたかった。

※小野選手は日本代表に選手されてものの、今回は辞退しました。

流キャプテンコメント

前半開始の10分と前半の終わり方はとても反省の残る試合だった。

印象

本当は田村煕選手を起用したい。

当然チームとしても望んでいることであるだろうが、トップリーグの規則にも問題を投げかけるような発言にも聞こえる。

トップリーグ6節~9節は後半につづく~

ただいま記事作成中です。今しばらくお待ちください。

追伸

沢木監督と流キャプテン

会見のはじめにいつも、相手を気遣う言葉を発せられています。当たり前のようで、なかなかできないことではないでしょうか。

人間的にも素晴らしい2人がリーダーとして存在するサントリー。チームが強い理由はこういったところにもある気がします

沢木監督:

「皆さんお疲れ様です。」

流キャプテン:

「本日はありがとうございました。」

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です