スクラム結果一覧|スクラムはヤマハが圧倒!|第3節サントリー27-24ヤマハ【トップリーグ2017-18】

スポンサードリンク

ントリーvsマハ

結果的に、サントリーの勝利で終わった一戦ですが、スクラムに関してはヤマハが圧倒。順位決定トーナメント兼日本選手権で再び対戦する可能性のある両チームにとって、スクラムの結果は決してバカにはできません。

なので、キーとなったスクラム結果をまとめてみました。

ヤマハがスクラムを圧倒

トップリーグ2017-18第3節サントリー対ヤマハの一戦は、スクラムはヤマハが圧倒した。

ペナルティ獲得…2

アドバンテージ獲得…2

両チームフロントロー

サントリー▼

  1. 石原
  2. 中村
  3. 須藤

ヤマハ▼

  1. 山本
  2. 日野
  3. 伊藤

昨年とのスタメン変化

昨シーズンは13節で対戦した両チーム。

ほぼ同じフロントロー陣に変化はなかったが、サントリーフッカーだけ変化があった。

  • 2016 青木選手
  • 2017 中村選手

関連記事:ポイントはファーストスクラム|第3節サントリーvsヤマハin秩父宮【トップリーグ2017-18】 – ラグビー.com

前半8分 サントリーボール

ヤマハがスクラムを押して、サントリー ジョージ・スミスが苦しい体勢でスクラムサイドをつく。

しかし、ここでヤマハがタンオーバー

前半21分 ヤマハボール

組み直してくんだスクラム

サントリーのペナルティ

前半24分 ヤマハボール

サントリーゴール前でのスクラム

サントリーのペナルティ

→スクラムを選択

前半24分 ヤマハボール

ヤマハボールアウト

サントリーのオフサイド

3回連続のペナルティとなったサントリー。レフリーから注意を受ける。

前半29分 ヤマハボール

ヤマハ押し込む

アドバンテージ

→スクラムを選択

前半30分 ヤマハボール

ヤマハがスクラムでサントリーをめくる

アドバンテージあり

→ボールアウト

矢冨選手がショートサイドを攻め、トライ!

スコア

ヤマハ10-7サントリー

前半34分 ヤマハシンビン

デューク・クリシュナン選手がハイタックルでシンビン

前半37分 ヤマハボール

サントリーが押し込むも、ヤマハボールアウト

サントリーノックオン。

前半38分 ヤマハボール

ヤマハ、ボールアウト

※このスクラムになんと、五郎丸選手がスクラムに参加していたんです。

【理由は?】五郎丸がスクラムに参加|第3節ヤマハvsサントリー【トップリーグ2017】 – ラグビー.com

前半終了 サントリー17-10ヤマハ

サントリーが、前半終了間際インターセプトでトライ。17-10でハーフタイムをむかえる。

後半1分 サントリーボール

サントリー ヘンドリック・ツイ選手が負傷でサントリー7人でスクラムを組む。

ボールアウト

後半6分 ヤマハボール

ヤマハがフリーキックを獲得。

後半8分 ヤマハボール

ヤマハ、ボールアウト

ショートサイトドを、堀江→ファンデンヒーファーとつなぎビックゲイン。オープンサイドに展開し、伊東選手トライ。

スコア

ヤマハ17-17サントリー

両チーム続けて、選手交代

  • 後半17分 ヤマハ 山本→仲谷
  • 後半19分 サントリー 須藤→畠山
  • 後半25分 サントリー 中村→青木

後半25分 サントリーボール

サントリー、ボールアウト

後半34分 ヤマハボール

スクラムが潰れるも、ボールアウト

矢富選手がショートサイドを駆け上がる。

後半36分 サントリーボール

ヤマハ、アーリープッシュ

サントリー フリーキックを獲得。

試合終了 サントリー27-24ヤマハ

昨シーズン同様、サントリーの勝利で終了。

試合終了間際までヤマハがリード(24-20)していたが、ヤマハゴール前でペナルティを与えてしまった。ここでスタンドオフ小野選手が、隙をつきクイックスタート。

ヤマハは反応が遅れてしまいトライを許す。

スクラム総括

スクラムは完全に、ヤマハ発動機が圧倒していた。前半24分からは、ヤマハがスクラムで何度もペナルティを獲得していた。あと一度でも、ペナルティが出ていれば認定トライをなっていた可能性もあった。

半8分にはスクラムを起点に、ヤマハがトライと獲得。やはりここでもスクラムの安定がヤマハの良いアタックにつながった。矢冨選手が好きなようにボールを投げれていた。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です