試合がどう転がっても、NTTドコモが勝つ雰囲気だった|NTTドコモvsコーラ【トップリーグ2017第3節】

スポンサードリンク

引用:2017年9月2日 コカ・コーラ戦 | 2017年度 | 試合写真 | フォトギャラリー | NTTドコモ レッドハリケーンズ

本最高峰のラグビーリーグ「トップリーグ」の勝敗を、雰囲気かたるのは失礼だとは分かっている。

でも、NTTドコモ対コカ・コーラの試合は、これ以外のなにものでもなかった。

2チームの勝敗を分けたのは、まぎれもなくチームの雰囲気だった。

NTTドコモが勝つ雰囲気だった

トップリーグ2017-18 第3節

NTTドコモ対コカ・コーラの一戦。試合を通じて、終始2チームの雰囲気が違った。

  • NTTドコモは、明るく
  • コカ・コーラは、暗い

後半途中には、どんな展開であれ「NTTドコモが勝つだろう」とまで感じてしまう試合だった。

3節 NTTドコモ 28-24 コカ・コーラ

トップリーグ2017 第3節

NTTドコモ 28-24 コカ・コーラ

前半 21-10

後半 7-14

試合結果だけをみたら、どちらが勝ってもおかしくない試合だった。でも、後半途中には、もう試合の勝敗は決まっていた。

NTTドコモの雰囲気を感じれば、ドコモの勝利しか考えられなかった。

試合中、選手の表情が対照的すぎた

試合経過

前半29分

NTTドコモ 21-10 コカ・コーラ

前半から、NTTドコモが得点を重ねコカ・コーラを突き放していた。

試合経過

後半12分

NTTドコモ 21-24 コカ・コーラ

後半に入ると、コカ・コーラも意地をみせる。

後半12分、コカ・コーラSH田辺選手がトライを決め、逆転。コカ・コーラに完全にペースをにぎられてしまう流れだが、NTTドコモには負ける雰囲気など一切漂っていなかった。それは、選手たちの表情をみれば一目瞭然。

試合経過

後半29分

NTTドコモ26-24コカ・コーラ

結果論かもしれないが、NTTドコモは後半29分にトライをとり、34分にもペナルティーゴールを決め、試合を決定づけた。

NTTドコモの「雰囲気」

前半は、11点差のリードを奪うも、後半はコカ・コーラペース。後半12分に逆転され、選手たちの頭に「負け」がよぎってもおかしくなかった。

しかし、NTTドコモの選手たちは落ち込むどころか、お互いに声を掛け合い、活気に満ちあふれていた。

一言で言えば、表情が明るかったんです。

関連記事:NTTドコモ「若手選手」があつい!|ラグビー・トップリーグ2017-18 – ラグビー.com

コカ・コーラの「雰囲気」

コカ・コーラは、1試合を通じて全選手の表情が暗かった

中継(DAZN)で試合をみていたんですが、試合中アップでうつる選手たちの表情が本当に暗い・・・

どの選手もみけんにシワをよせ、チームメイトに何かを話しかけることなく。1人で考え事をしているよう。

そんな雰囲気が1試合まるまる通じて受けた。

関連記事:コカ・コーラが勝てないのは、「特徴」のなさが原因!?|ラグビートップリーグ – ラグビー.com

昇格した勢い&ぎりぎり残留したチームの差か?

もちろん、緊迫したゲーム展開であったのは間違いない。でも、ここまで雰囲気が対照的になるのは、トップリーグではめずしい。

  • トップチャレンジから昇格したチーム
  • 入替戦にまわり、ぎりぎりトップリーグ残留したチーム

昇格と残留を経験した両チームの勢いが、チームの雰囲気にでてしまうものなのか…。そんなことを感じた試合だった。

まとめ

トップリーグ第3節 NTTドコモ対コカ・コーラは「雰囲気」で勝敗がきまっていた。

NTTドコモは、全選手の表情が明るく活気があり。

対するコカ・コーラは静まり返っていた。

グビーにおいて、チームの雰囲気はやはり大事だと改めて感じた一戦だった。

なぜ?開幕戦で「別カンファレンス」の対戦が6試合|ラグビー・トップリーグ – ラグビー.com

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です