【スーパーラグビー2017】全18チームまとめ・リーグ方式

スポンサードリンク

すでに開幕している、スーパーラグビー2017。

サンウルブズはいまだ勝利はつかめていないですが、段々調子を上げているのは間違いないです。

初勝利が待ち遠しい・・・

そんなスーパーラグビーですが、いったいスーパーラグビーのチームってどんな構成からなっているのか?

疑問におもわれている方に向けて、簡単に紹介します。

5カ国からなるリーグなので複雑におもわれがちですが、構成は簡単なのでこの機会に覚えて頂ければうれしいです!

スーパーラグビーとは

南アフリカ共和国(SA)、ニュージーランド(NZ)、アルゼンチン(A)、オーストラリア(AR)の合弁事業であるSANZAARにより運営されるラグビーの国際リーグ戦。

SANZAARはザ・ラグビーチャンピオンシップ運営も担当する。

毎年2月から7月までの21週間に渡り、期間限定のスーパークラブを編成。

引用:Wikipedia

twitter.com

カンファレンス構成

大きく分けて、2つのグループで構成されています。

  • 南アフリカグループ
  • オーストラリア・NZグループ

さらにグループをグループを分け、4つのカンファレンスに。

南アフリカグループ

  • アフリカ カンファレンス1(4チーム)
  • アフリカ カンファレンス2(4チーム)

オーストラリア・NZグループ

  • ニュージーランド カンファレンス(5チーム)
  • オーストラリア カンファレンス(5チーム)

アフリカカンファレンス1

  • ストーマーズ(Stormers)
  • チーターズ(Cheetahs)
  • ブルズ(Bulls)
  • サンウルブズ(Sunwolves)

アフリカカンファレンス2

  • ライオンズ(Lions)
  • ジャガーズ(Jaguares)
  • シャークス(Sharks)
  • キングス(Kings)

オーストラリアカンファレンス

  • ブランビーズ(Brumbies)
  • ワラタス(Waratahs)
  • レッズ(Reds)
  • ウェスタン・フォース(Force)
  • レベルズ(Rebels)

ニュージーランドカンファレンス

  • チーフス(Chiefs)
  • クルセイダーズ(Crusaders)
  • ハリケーンズ(Hurricanes)
  • ブルーズ(Blues)
  • ハイランダース(Highlanders)
あわせて読みたい

ニュージーランド

チーフス(Chiefs)

1996年創立

本拠地はワイカト・スタジアム

スーパーラグビー優勝2回

5つの州協会(カウンティース・マヌカウ、ワイカト、キングカントリー、テムズバレー、ベイオブ・プレンティー)をフランチャイズに持つ。

クルセイダーズ(Crusaders)

1996年創立

本拠地はクライストチャーチAMIスタジアム

スーパー12、スーパー14を合わせ、優勝7回

所属選手

ブラー、タスマン、カンタベリー、ミッド・カンタベリー、サウス・カンタベリー、ウエストコーストの各ラグビー協会所属選手とドラフト選手から選抜され、編成されるチーム。

ハリケーンズ(Hurricanes)

1996年創立

本拠地はウェリントンウエストパック・スタジアム

スーパーラグビー優勝1回

所属選手

イーストコースト、ポバティーベイ、ホークスベイ、タラナク、ワンガヌイ、マナワツ、ワイララパ・ブッシュ、ホロフェヌア・カピティ、ウェリントン)に所属する選手とドラフト選手により編成されるチーム

ブルーズ(Blues)

1996年創立

本拠地はオークランドのイーデン・パーク、ノース・ハーバー・スタジアム

スーパー12優勝 3回

所属選手

ノースランド、ノース・ハーバー、オークランドの各ラグビー協会所属選手とドラフト選手から選抜、編成されるチーム。

ハイランダース(Highlanders)

1996年創立

本拠地はダニーデンのカリスブルック

スーパーラグビー優勝1回

所属選手

オタゴ、ノースオタゴ、サウスオタゴの各ラグビー協会所属選手とドラフト選手により編成されるチーム。

オーストラリア

ブランビーズ(Brumbies)

1996年創立

本拠地はオーストラリア首都特別地域キャンベラのキャンベラ・スタジアム

スーパー12優勝 2回

所属選手

オーストラリア首都特別地域 (ACT Australian Capital Territory) およびニューサウスウェールズ州南部地域のラグビーユニオンクラブ所属の選手と契約選手から選抜され、編成されるチーム。

ワラタス(Waratahs)

1996年創立

本拠地はシドニーのシドニー・フットボール・スタジアム

スーパーラグビー優勝1回

所属選手

州内ラグビーユニオンクラブ所属の選手と契約選手から選抜され、編成されるチーム。

レッズ(Reds)

1996年創立

本拠地はブリスベンのサンコープ・スタジアム

スーパーラグビー優勝1回

所属選手

州内ラグビーユニオンクラブ所属の選手と契約選手から選抜され、編成されるチーム。

ウェスタン・フォース(Force)

2006年創立

本拠地はパースのNibスタジアム

所属選手

西オーストラリア州のラグビーユニオンクラブ所属の選手と契約選手から選抜され、編成されるチーム。

レベルズ(Rebels)

2011年創立

本拠地はメルボルンのAAMIパーク

所属選手

ビクトリア州のラグビーユニオンクラブ所属の選手と契約選手から選抜され、編成されるチーム。

南アフリカ

ストーマーズ(Stormers)

1996年創立

本拠地はケープタウンのニューランズ・スタジアム

チーターズ(Cheetahs)

1997年にスーパー12に加入するも以降は2005年までライオンズとの合同チーム「キャッツ」として参戦する。

2006年シーズンより単独チームとしてスーパー14、スーパーラグビーに本格的に参戦。

本拠地はブルームフォンテーンのフリーステイト・スタジアム

ブルズ(Bulls)

1996年創立

本拠地はプレトリアにあるロフタス・ヴァースフェルド

スーパー14優勝3回

ライオンズ(Lions)

1996年創立

本拠地はヨハネスブルグのエリス・パーク・スタジアム

シャークス(Sharks)

1996年創立

本拠地はダーバンのキングス・パーク・スタジアム

キングス(Kings)

2009年創立

本拠地はポート・エリザベスのネルソン・マンデラ・ベイ・スタジアム

ジャガーズ アルゼンチン

スーパーラグビーに参戦するために、アルゼンチンラグビー協会により設立

本拠地はブエノスアイレスのエスタディオ・ホセ・アマルフィターニ。

サンウルブズ 日本

スーパーラグビーは2016年度シーズンから参加チームが18に拡大するにあたり、ワールドカップ2019日本大会へ向けた選手のレベルアップを目標としてラグビー日本代表、及びそれに準じる代表候補の選手などで編成するチームを参加。*1

本拠地は日本・秩父宮ラグビー場、シンガポール・ナショナルスタジアム

www.youtube.com

まとめ

スーパーラグビーに関しては、1996年に開始と比較的歴史の浅いリーグではある。

しかし、世界3大スポーツの1つにラグビーワールドカップが上げられるくらい世界ではラグビー人気は高い。

日本でも2019年ラグビーワールドカップが開催されるので、スーパーラグビーからもっと盛り上がってほしい。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です