ラグビー・ジャージメーカー【おすすめシャツまとめ】プレゼントにも最適

スポンサードリンク

ラグビー部に所属していると、シャツはいくらあっても困らないアイテムのひとつ。

ただシャツって、いろいろ種類があってよくわからない。

 

そこで、高校・大学とラグビー部に所属した私がラグビーで着用されているジャージメーカーのおすすめシャツをまとめて紹介します!

息子さま・お知り合いのかたへのちょっとしたプレゼントにも最適ですよ。

 

ラグビー”ジャージメーカー”をおさらい

まずは日本のラグビーチームが、使用しているジャージのメーカーをおさらいしておきましょう。

  • CANTERBURY(カンタベリー)
  • ミズノ
  • adidas
  • asics(asics)
  • UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
  • BLK(ブラック)
  • reversal(リバーサル)
  • Cotton
  • スズキ(SUZUKI)

 

おすすめシャツ①CANTERBURY(カンタベリー)

主なCANTERBURY使用チーム

  • ラグビー日本代表
  • ヤマハ発動機
  • トヨタ自動車
  • 東芝

ラグビー用品といえば、CANTERBURY(カンタベリー)という方も多いいんではないでしょうか。

日本代表もカンタベリーのジャージですし、トップリーグでも多くのチームがカンタベリーのジャージを使用しています。

 

おすすめシャツ②ミズノ(MIZUNO)

主なミズノ使用チーム

  • NEC
  • キヤノン
  • 近鉄
  • 明治大学

ラグビーだけではなく、野球・サッカー・陸上など日本スポーツ界においてミズノ(MIZUNO)を知らない方はいないでしょう。

あまりカッコイイとは言えないかもしれません…

 

おすすめシャツ③adidas

主なadidas使用チーム

  • サントリー
  • 神戸製鋼
  • リコー
  • NTTコム・ドコモ

最近、adidasのジャージを使うチームが増えた印象。

大学のチームでも東海大学などがadidasのジャージを使いはじめましたね。

 

また、サッカー日本代表もadidasのユニホームを使っています。

とにかくカッコイイデザインが多いadidasのシャツ。

そこまで高くないので、2.3枚プレゼントでもらえたらかなり喜ばれると思います。

 

おすすめシャツ④asics(asics)

主なasics使用チーム

  • 早稲田大学
  • 慶応義塾大学

トップリーグで、asicsのジャージをつかうチームはありません。

ですが、早稲田大学・慶応義塾大学と大学のチームがasicsを使用しています。

(旧啓光学園・大分舞鶴は昔からasicsのジャージを使っていました。)

 

まだまだラグビー界には馴染みがないメーカーですが、ミズノについで日本では有名なスポーツブランドではないでしょうか。

 

おすすめシャツ⑤UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)

主なUNDER ARMOUR使用チーム

  • パナソニック
  • 帝京大学
  • 筑波大学

すこし前からラグビー界でも浸透しはじめたUNDER ARMOUR。アメリカンフットボールでも使用されています。

トップリーグでは、パナソニック。大学では、帝京大学・筑波大学が着用。

 

おすすめシャツ⑥BLK(ブラック)

主なBLK使用チーム

  • クボタ
  • 豊田自動織機

BLK…オーストラリアのスポーツアパレル会社。

BLK JAPANは2011年に設立と、新しいメーカー。

トップリーグでは、クボタ・豊田自動織機の2チームのみ使用。海外では、フィージー・トンガ・サモアなどが着用する。

▶︎BLK プラクティスジャージはこちら

 

おすすめシャツ⑦reversal(リバーサル)

主なreversal使用チーム

  • 大東文化大学
  • 流通経済大学

reversal…武道・格闘技のカルチャーをベースにしたアパレルブランド。

武道・格闘技をベースにブランドということもありかなりオシャレ。一言で言えば、「今風」なデザインが多い。

トップリーグで使用するチームはないが、大学リーグ戦の大東文化・ 流通経済大学が着用するメーカー。

※Cotton、スズキ(SUZUKI)のシャツでおすすめはなかったので今回は紹介を控えさせていただきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です