ラグビー・パナソニック|2017トップリーグ開幕戦のスタメンメンバー予想

スポンサードリンク

引用:フォトギャラリー | ラグビー | パナソニック スポーツ | Panasonic

ップリーグ・パナソニックはトップリーグ1の戦力を誇るチーム。

堀江選手、稲垣選手、田中選手、山田選手をはじめ。

福岡選手、稲垣選手、山沢選手などなど。

テランから、若手まで15人のスターティングメンバーを選ぶのがもったいないくらだ。

2017-18シーズン、パナソニックは開幕戦でどのようなスターティングメンバーをくんでくるのか?

2017「パナソニック」新加入選手

まずは、2017シーズンからパナソニックに加わる新加入選手をおさらいしましょう。

 

PR マット マフィ
LO 宇佐美 和彦 キャノン
LO,FL 宮川 智海 関東学院大学
SH 小山 大輝 大東文化
SO 松田 力也 帝京
CTB,WTB 戸室 達樹 大東文化

 

2017練習試合

日本代表、サンウルブズメンバーは、7月1日の強化試合までには出場していない。

にも関わらず、トップリーグ組みのNEC、サニックスにきっちりと勝利しているパナソニック。

選手層のあつさを感じます。

6.17 NEC

パナソニック 31-15 NEC

 

1 マット マフィ
2 坂手 淳史
3 平野 翔平
4 劉 永男
5 三上 匠
6 長谷川 崚太
7 谷 昌樹
8 ベン ガンター
9 高城 佑太
10 山沢 拓也
11 梶 伊織
12 金田 瑛司
13 権 裕人
14 北川 智規
15 三輪 忠寛

 

6.24 Honda

パナソニック 35-33 Honda

 

1 千島 和憲
2 坂手 淳史
3 ヴァル アサエリ愛
4 宮川 智海
5 三上 匠
6 劉 永男
7 長谷川 崚太
8 谷 昌樹
9 小山 大輝
10 山沢 拓也
11 梶 伊織
12 森谷 圭介
13 百武 優雅
14 北川 智規
15 三輪 忠寛

 

7.1 サニックス

パナソニック 66-19 サニックス

 

1 千島 和憲
2 マット マフィ
3 平野 翔平
4 宮川 智海
5 三上 匠
6 長谷川 崚太
7 谷 昌樹
8 ベン ガンター
9 小山 大輝
10 山沢 拓也
11 梶 伊織
12 金田 瑛司
13 戸室 達樹
14 百武 優雅
15 森谷 圭介

 

7.29 豊田自動織機

パナソニック 14-38 豊田自動織機

 

1 マット マフィ
2 坂手 淳史
3 ヴァル アサエリ愛
4 宮川 智海
5 長谷川 崚太
6 ベン ガンター
7 谷 昌樹
8 ホラニ 龍コリニアシ
9 小山 大輝
10 松田 力也
11 梶 伊織
12 森谷 圭介
13 百武 優雅
14 北川 智規
15 笹倉 康誉

 

8.5 三菱重工相模原

更新予定

開幕戦スタメン予想

パナソニックは、いまだサンウルブズと日本代表に招集されていた選手は夏季の練習試合には出場していない。

トップリーグの開幕戦に標準をあてるのではなく、徐々にチームとしてしあげてくるのが印象があるパナソニックならではの調整法。

そんなことを考慮しながら、開幕戦のスタメンを予想しました。

2017TLパナソニック開幕戦

8月19日(土)18:30

パナソニックvsクボタ

in秩父宮

スタメン予想▼

 

1 マット マフィ
2 坂手 淳史
3 ヴァル アサエリ愛
4 劉 永男
5 長谷川 崚太
6 ベン ガンター
7 谷 昌樹
8 ホラニ 龍コリニアシ
9 内田 啓介
10 山沢 拓也
11 福岡 堅樹
12 森谷 圭介
13 リチャード バックマン
14 北川 智規
15 笹倉 康誉

 

徐々に仕上げていくのがパナソニック流

開幕戦は、比較的若いメンバーを組んでくるでしょう。

昨シーズンのパナソニックのトップリーグのメンバーを考えてみると、開幕戦からいきなり本メンバーをそろえることはしない。

シーズンが進むにつれて、徐々に本メンバーを組んでくる印象があります。

関連記事:【ヤマハ発動機】2017-18『バックスリー』スタメン予想|フルバックの行方は…

日本代表&サンウルブズメンバー▼

 

PR 稲垣 啓太
HO 堀江 翔太
HO 坂手 淳史
FL 布巻 峻介
SH 田中 史朗
SH 内田 啓介
SO 松田 力也
WTB 福岡 堅樹
WTB 山田 章仁
FB 笹倉 康誉

 

無理をする必要がない

パナソニックには、多くの日本代表選手やサンウルブズに参戦していた選手がいます。

しかし、7月までスーパーラグビーのレギュラーシーズンがあり8月のトップリーグに出場するのは正直こくな話。

ですが、パナソニックは選手層があつく、代表クラスの選手に頼らなくてもいいほどの選手達がそろっています。

  • まずは、日本代表やスーパーラグビーでプレーしていた選手達は、休養期間をしっかりとらせ体調を整える。
  • その間は、他のメンバーで戦う。

パナソニックはこういう戦い方でも十分に通用します。

バックスはとくに、小山選手・森谷選手・藤田選手・山沢選・児玉選手など期待の若手がたくさん。

徐々に本メンバーを、そろえてくるパナソニックの特徴を考えスタメンを予想しました。

関連記事:『針金パーマ』ラグビー日本代表・堀江選手の「髪型」がここまで議論される必要はあるのか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です