2人に期待することは!?|三菱重工相模原が【No8土佐&LO小野寺】の加入を発表|ラグビートップチャレンジ2017

スポンサードリンク

引用:三菱重工相模原ダイナボアーズ オフィシャルサイト

NECを退団した土佐・小野寺両選手が三菱重工相模原に加入するとクラブが発表した。

なかなかトップリーグの舞台に上がれていない三菱重工。トップリーグ昇格にむけ、ふたりに期待することとは大きく2つある。

FWの強化と、チームに変化をもたらすことだ。

三菱重工相模原「土佐・小野寺選手」の加入を発表

8月31日 三菱重工相模原は前NEC土佐誠選手及び、小野寺優太選手の加入を発表した。

ふたりはNECを退団後オーストラリア&ニュージーランドに単身、ラグビー留学に。

レベルアップした2選手の加入は三菱重工にとって大きな補強になるだろう。

No8土佐誠選手の経歴

経歴

尾道高校(広島)

関東学院大学

NEC→イーストウッド(オーストラリア)

東学院大学時代、1年時からメンバーにはいるなど期待されていた選手。

大学を卒業後、オックスフォード大学に留学し、ケンブリッジ大学との伝統の定期戦であるバーシティマッチへの出場経験もある。サイズを生かしたランと、真面目なプレースタイルは箕内選手2世ともいわれていた。

NEC在籍時は、ケガなどが続きおもうようにプレーできなかったが、その分新天地で暴れてほしい。

日本人No8に、なにか憧れてしまうのは僕だけだろうか…

箕内 拓郎…

元NECラグビー選手。日本代表キャップ48。現在は、日野自動車のFWコーチ。

引用:Wikipedia

過去の記事:【ラグビー】前NEC・土佐誠選手のいま – ラグビー.com

LO小野寺選手の経歴

経歴

磯原高校(現・磯原郷英高校)

流通経済大学

NEC→Greerton Marist(ニュージーランド)

名高校出身ながら、大学では1年目からメンバーに名を連ねる。常にグランドを走り回る姿はフランカーをも上回る運動量でチームに貢献していた。

もちろんNECでも、1年目からトップリーグに出場。派手さはないが、チームに欠かせない選手だった。

土佐選手同様、単身海外にラグビー留学。進化した小野寺選手のプレーが楽しみだ。

2人に「期待」すること

ふたりに期待することは、2つある。

  1. FWの強化
  2. 変化をもたらす

1.FWの強化

新たに加入した2選手に期待することは、間違いなくトップリーグ昇格への貢献。それは、三菱重工フォワードの強化を測ったものだろう。

トップリーグ・ヤマハ発動機に象徴されるようにやはりトップリーグでは、フォワードが強くないと戦えない。もちろん、まずはトップチャレンジを勝ち抜く必要があるが、ライバルになりうる日野自動車も近年急速に強化を測っている。

ライバルチームも強化を進めている

日野自動車には、昨シーズンから元サントリーFL佐々木隆道選手や、ヤマハLO笠原・PR長野選手、前NEC村田選手など大物の加入がつづいている。若手にも良い選手が加入しはじめて今シーズントップリーグ昇格に近い存在だろう。

もちろん、昨シーズン降格してきたホンダにも警戒しないとけない。

トップチャレンジライバルチーム

・ホンダヒート

・日野自動車レッドドルフィンズ

・九州電力ヴォルテクス

2.変化をもたらす

もうひとつは、ふたりの加入でチームに変化をもたらすことを期待しているだろう。

2人とも海外でのプレー経験がある。しかも、単身でラグビー留学だ。漠然とはなってしまうが、人間的に見習う部分が多い。

  • ラグビーに取り組む姿勢
  • 練習、試合に取り組む姿勢

く違った環境でプレーしてきた選手にしか、得ることができなかったことがある。

もうひとつチームとしての殻を破りきれていない三菱重工になにか変化をもたらしてくれる存在になるだろう。

因縁の対決「三菱重工vsNEC」がみたい!

ップリーグへの昇格を果たせば、ふたりの古巣・NECとの対戦もでてくる。三菱重工相模原vsNECの対戦もみてみたい!

田村・茂野選手など主力が抜けたNEC|今シーズンをどう戦いぬくか? – ラグビー.com

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です