【ラグビー】前NEC・土佐誠選手のいま

スポンサードリンク

引用:http://rugby.necsports.net/topics_detail1/id=1427

日本トップリーグ・NECグリーンロケッツを退団した土佐誠選手が、現在はオーストラリアでプレーしている。所属クラブはイーストウッド(Eastwood)である。

今後土佐選手はどのような人生を送っていくのか?個人的に非常に注目をしています。

土佐誠選手プロフィール

出身校:尾道高校(広島県)→関東学院大学

ポジション:No8

献身的なプレーを特徴としていた。しかし、力強さもありアタックディフェンスどちらでもチームを支えてきた印象。近年は病気の影響でなかなか思うようにプレーできていなかったようですが、一般的なNo8というのではなく、またあたらしいNo8であった。

NEC退団

2016-2017シーズンを持って所属していたNECを退団。NECには8年間在籍していました。

グリーンロケッツでの一番の思い出は?▼

試合の後チームメイトとお酒を飲んだこと。

「NECグリーンロケッツ」はどのようなチームでしたか?▼

選手間の絆が強いチーム。

チームメイトへのメッセージ▼

NECの文化を引き継いでいってください。

ファンの方へのメッセージ▼

楽しいときもつらい時も皆様のサポートが支えとなりました。応援ありがとうございました。

引用:http://rugby.necsports.net/topics_detail1/id=1427

いまはオーストラリアでプレー

f:id:youteg:20170501201708p:plain

2017年3月下旬にシドニーへ渡った土佐選手。クラブに合流した2日後のトライアル最終戦にセカンドグレードのNO8でフル出場した。その翌週のシーズン開幕戦以降はファーストグレードのスコッドに定着している。いまだ先発はないが、試合後半にフレッシュレッグとして駆け回っている。持ち前のフィジカル、トップリーグで培ったプレーは十分に通用。試合に出場し続けている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00010000-rugbyrp-spo

やはり献身的な働きをする土佐選手は非常に重要な存在なのだ。No8といえばなにかアタックだけのイメージだが、土佐選手のように「献身的な」プレーは、いちやはくチームからの信用も得やすい。海外にいきその部分がより明確になっている。

土佐選手の今後について

  • 今シーズン終了まで、イーストウッドと契約
  • 契約終了後はNRCの挑戦も視野に

土佐はイーストウッドと今シーズン終了までの契約を交わしている。契約終了後に後については、日本人初となるNRC(National Rugby Championship/豪州国内のスーパーラグビーとクラブレベルの間に位置する選手権)挑戦も視野に入れるよう。

New!三菱重工相模原加入が決定!

土佐誠選手の三菱重工相模原の加入が発表されました。

詳しくは↓

2人に期待することは!?|三菱重工相模原が【No8土佐&LO小野寺】の加入を発表|ラグビートップチャレンジ2017 – ラグビー.com

www.rugby-jpn.com

まとめ

現在はオーストラリアでプレーする土佐選手。ラグビー以外では、前NEC首藤選手からコーティングを受け、自身もコーチングについても学んでいる。ラグビー選手でも、コーチとしても自身の望む場所での活躍を願っています。

No8だけどアタックだけではなく、献身的なプレーをする。他の選手が嫌がるプレーを率先していく土佐選手のようなプレーヤーが増えていくことを期待した。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です