「キックの重要性」だけじゃない。帝京の底知れないすごさを勝手に妄想。

スポンサードリンク

第54回大学選手権決勝は、近年まれにみる激闘だった。

 

54回大学選手権「決勝」試合結果

帝京大学21-20明治大学

 

帝京大学…3トライ3ゴール

明治大学…3トライ1ゴール1PG

 

試合の振り返り

前半

キックオフから試合を支配したのは、挑戦者の明治大学

12梶村選手を中心にプレッシャーをかけ、先にトライを奪う。

 

帝京大学もすかさず、トライを奪い返すが今日の明治はいつもと違った。

帝京の反撃がはやくも開始されるかとおもったが、つぎに得点を奪ったのは明治大学だった。

 

バックスの見事な展開でトライを奪ったのだ。

9福田選手がループでつなぎ、12梶村選手へ。梶村選手が14高橋選手まで飛ばしパスをつなぎ、帝京大学の11竹山・15尾崎選手をかわしトライ!

見事なトライだった。

 

その後も、明治大学が優位に試合を進め、前半は17-7と明治大学がリードして終えた

 

後半

後半、最初に得点を奪ったのは明治大学だった。

SO堀米選手がペナルティゴールを成功させ、20-7とリードを広げる。

しかしこの時点ではまで、2トライ2ゴールで帝京大学は逆転できる得点差だった。

 

流れはだんたんと、帝京大学ペースに変わっていく。

  • 帝京大学の経験値
  • 明治大学の疲労

がじわじわとその流れをかえていったようにも見えた。

 

後半15分に5秋山選手、20分に13岡田選手と立て続けに帝京大学がトライを決め、2つのゴールも成功させ逆転したのだ。

 

帝京大学21-20明治大学

 

試合終了間際。

帝京大学キャプテン・2堀越選手がシンビンとなりヒヤヒヤする場面もあったが、スコアは動かずこのまま試合終了。

 

21-20の激闘を制し、帝京大学がみごと大学選手権9連覇を達成した。

 

関連記事:2018年度【明治大学ラグビー部】新入生が強烈すぎる!|スポーツ推薦19名

 

帝京はトライをとる位置まで徹底しているのか?

ふと、試合後こんなことをおもってしまった。

 

 

結果として、

帝京大学は3トライ中、すべてのゴールを決めた。

対する明治大学は3トライ中、ゴールキックの成功は1本のみ(PG1本成功)。

 

キックの成功・不成功で試合の結果が大きく変わっていたかもしれない。

キックの重要性がより強調された試合ともいっていい。

しかし、それだけではかたずけられないような気がした。

 

トライの位置からみる帝京の底知れないすごさ

ここからはもう勝手な妄想です。

 

でも偶然ではないような気がするんですよね…

両チームのトライ位置をおさらいしてみましょう。

 

帝京大学

  • 1本目…2堀越選手→ゴールポストから15mの間(ゴール〇)
  • 2本目…5秋山選手→ゴールポストすこし左(ゴール〇)
  • 3本目…13岡田選手→ゴールポスト下(ゴール〇)

 

明治大学

  • 1本目…12梶村選手→左から5m~15mの間(ゴール×)
  • 2本目…14福田選手→右隅っこ(ゴール×)
  • 3本目…9福田選手→ゴールポストすこし右(ゴール〇)

 

ハイライトで確認してみてください↓

 

そもそもトライはゴールポスト付近でしか必要ないと考えてる?

これは私の勝手な妄想だが、そんな気がしてならなかった。

もちろんキックの重要性もあらためて考えさせられた試合でもあった。

 

帝京大学・明治大学の選手の方々、素晴らしい試合をありがとうございました。

お疲れ様でした!

 

帝京大学これまでの記録▼

帝京大学ラグビー部【8連覇】全記録まとめ|2009年〜2016年

画像引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180108-00000035-dal-spo.view-000

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です